ネット予約

トピックス

予防的矯正治療とは

2017.12.1

01歯並びが悪いと、虫歯や歯周病の原因になる。

歯並びや咬み合わせが良ければ、唾液の流れとご飯を咬む時に舌や口の筋肉が歯に当たることによって、歯の表面に付いている汚れをある程度流してくれます。しかし歯並びや咬み合わせが悪いと、この様に自動的に歯の表面の汚れを流す働きが妨げられ、さらに歯磨きをしても磨きにくい部分ができるため、歯の周囲が不潔になり、虫歯や歯周病の原因になります。
また前歯が前に出ていると、唇を閉じられなくなり、歯や歯茎が乾燥して唾液が汚れを流す働きがなくなり、虫歯や歯周病になりやすくなります。
さらに隣り合う歯同士の位置関係が悪いと、食べ物が歯と歯の隙間に挟まることによって歯の周りが不潔になり、虫歯や歯周病の原因になります。
噛み合わせが悪いために一部分だけ強く咬んでいる歯がある場合は、その歯の負担が大きくなり、歯茎が下がるなど歯周病を悪化させることもあります。

02歯並びの悪さによっては歯が傷付きやすくなる。

上顎の前歯が外側に出ている場合は、転んだり何かが歯にぶつかったりすることで、歯が欠けたり折れたりしやすくなります。またスペース不足のため歯が生えることができず埋まった状態になった永久歯が、隣りの歯を傷つけてしまうこともあります。

03歯並びが悪いと食べ物を十分に咬むことができない。

上下の前歯が咬み合わない、出っ歯や受け口の場合、前歯で食べ物を咬み切ることができません。奥歯の歯並びが悪いと奥歯の噛み合わせが悪くなるため奥歯で食べ物を噛んで磨り潰す能率が低くなります。したがって歯並びや噛み合わせが悪いと胃腸の負担が増し、胃腸炎などの病気になりやすくなると言われています。

04噛み合わせが悪いことが顎関節症の
原因になることがある。

上下の前歯が咬み合わない、出っ歯や受け口の場合、前歯で食べ物を咬み切ることができません。奥歯の歯並びが悪いと奥歯の噛み合わせが悪くなるため奥歯で食べ物を噛んで磨り潰す能率が低くなります。したがって歯並びや噛み合わせが悪いと胃腸の負担が増し、胃腸炎などの病気になりやすくなると言われています。

  1. ① 口を開けたり閉じたりする時に顎関節部分から音が聞こえる。
  2. ② 顎関節の部分や周囲の筋肉に痛みがある。
  3. ③ 口を開けられなくなる。

といった症状が出る病気ですが、顎関節症は噛み合わせ以外にも様々な原因があるため、矯正治療をして噛み合わせを治したら確実に治るとは言えません。

05噛み合わせが悪いと体のバランスが崩れる原因になることがある。

顎の骨の成長がある時期に、噛み合わせが悪くて顎の位置がずれて咬む状態が続いていると、顎が曲がって成長して顔の輪郭が非対称になってしまう可能性があります。また体に対して顎の位置のバランスが悪くなると、それに伴って体の重心もずれるために姿勢にも影響が出ることがあります。

06歯並びが悪いことで体の健康をおびやかす
悪い癖が付いてしまう原因になることがある。

口呼吸、異常な舌や唇の運動は、歯並びや顎の成長を悪化させる原因となりますが、また一方では、歯並びが悪いことによって、意識とは無関係に口を閉じることができず口呼吸になったり、舌の正しい運動ができなくなることで、さらに歯並びが悪くなる原因になってしまうこともあります。

07歯並びが悪いことで
発音障害の原因になることがある。

人間は声帯・舌・顎・唇などの運動を組み合わせることで声を発生し、言葉を話すことができます。歯並びが悪いことにより、舌や唇や顎を正しく運動させることができない状態になっていると、発音障害になる可能性があります。

08歯並びが悪いことによって心理的な影響が出る可能性がある。

健康とは身体的に問題が無いばかりでなく、精神的にも最適な社会生活を営める状態であることであり、現在の医療は、心の問題を度外視して考えることはできません。笑った時に相手に悪い歯並びが見えるというのは、一般的には「恥ずかしい」と感じる方が多いようです。歯並びの悪さがあるために、人に笑顔を見せることがコンプレックスになると、心理的には自分に自信が持てなくなるため、他人とのコミュニケーションが消極的になり、性格が暗くなってしまう、潜在的にもその様に感じている方は、意外にたくさんいらっしゃいます。