ネット予約

親知らず外来

精密検査による安心、安全、正確な親知らずの抜歯

必要に応じてCTを用いた精密検査を行った治療を行います。
麻酔医による静脈内鎮静法により、寝ながらの治療も可能です。

  • 歯科用CTを使用し、精密検査を行います。

    親知らずの近くには太い神経が通っています。その神経と歯との位置関係を把握した上で親知らずの抜歯をすることは患者さまの安全のためには必須です。残念ながら通常撮影するレントゲン写真だけでは親知らずと神経との位置関係を正確に特定することができません。

    CTを確認することでより安全、そして低侵襲な親知らずの抜歯を行うことが可能です。当院は親知らずの抜歯を専門的に行っています。他院で難しいと言われた歯や、全身麻酔が必要と言われた歯でもCTで確認後抜歯することが可能な場合もあります。

CASE.1

  • レントゲン
  • CT

大学病院に紹介することが比較的少ないと判断されがちなケース(骨の中の神経と歯の間に距離があるように通常のレントゲン写真で見える場合)でも実際CT撮影をしてみると実際は非常に難易度の高い症例であったりします。
隣の歯の歯根が極端に曲がっていたり、親知らず自体の歯根が非常に複雑な形をしていたりと2次元的なレントゲン写真では判断がつかないことがあります。さらに2次元的に全く把握できないのが舌側の神経と血管に関してです。
もし親知らずがこの舌側にある神経や血管とあまりにも近接している場合、麻痺が起こることがあります。
これを避けるためにもCTで正確な分析を行う必要があります。

CASE.2

  • レントゲン
  • CT

このようなケースはレントゲンで確認すると神経と歯が重なっていたり接触しているように見えます。このようなケースの多くは大学病院などに紹介となることが多いと思います。場合によっては全身麻酔下での抜歯をしなくてはいけないこともあります。
ただ実際CT撮影をして分析すると神経との正確な位置関係がわかり、全身麻酔下での手術を回避できる場合があります。
大切なのは抜歯ができるか否かの診断する経験と正確な抜歯の手技になってくるのではないでしょうか?
当院では親知らずの抜歯を専門としておりますので一度お問い合わせください。