ネット予約

矯正歯科

当院の矯正歯科治療

どこの歯医者で矯正治療したらいいかわからない方へ
矯正歯科治療担当医による質にこだわった矯正治療を行っています。

当院では、品質にとことんこだわった矯正治療を行っています。
患者さまのお話をしっかり聞かせていただき、満足できる治療ゴールを一緒に設定します。次に現在の歯並びと噛み合わせにどのような問題点があるのかをご説明した上で、過去にどのような原因で歯並びが悪くなってしまったのか、矯正治療を行ったらどのような未来になるのか、矯正治療を行わなかったらどのような未来になるのかを分かりやすくお話しいたします。
治療ゴールに向かうための矯正治療は、数ある矯正治療の方法の中から、患者さまの苦労を最小限にして、最大限の結果が出る方法を選びご提案することをモットーにしています。

RYO JIMBO DENTAL矯正医のご紹介

矯正歯科治療担当 宮島 悠旗

矯正治療を専門に行っている歯科医師の宮島悠旗です。
最新の技術で ”噛み合わせ” と “エステティック” に配慮し、患者様の御希望を最優先に考えると同時に痛みが少なく、できるだけ治療期間を短縮できる矯正治療を追及いたします。矯正治療の技術を生かした一般歯科とのチーム医療で、患者様の歯の寿命を延ばし、健康な体を保つために、理想的な噛み合わせを整える治療計画を提案いたします。
矯正治療が終了した時に患者様が喜んで笑顔を見せてくれる時ほど、矯正歯科医として嬉しい瞬間はありません。矯正治療について分からないこと、歯並びや噛み合わせの悩みなどございましたら、どうぞお気軽に相談して下さい。

略歴
  • 2005年

    愛知学院大学歯学部卒業

  • 2006年

    東京歯科大学千葉病院臨床研修医終了

  • 2010年

    歯学博士取得(東北大学)

  • 2011年

    東北大学大学院 顎口腔矯正学分野 助教

  • 2014年

    宮島悠旗ブライトオーソドンティクス起業

予防的矯正治療とは

01歯並びが悪いと、虫歯や歯周病の原因になる。

歯並びや咬み合わせが良ければ、唾液の流れとご飯を咬む時に舌や口の筋肉が歯に当たることによって、歯の表面に付いている汚れをある程度流してくれます。しかし歯並びや咬み合わせが悪いと、この様に自動的に歯の表面の汚れを流す働きが妨げられ、さらに歯磨きをしても磨きにくい部分ができるため、歯の周囲が不潔になり、虫歯や歯周病の原因になります。
また前歯が前に出ていると、唇を閉じられなくなり、歯や歯茎が乾燥して唾液が汚れを流す働きがなくなり、虫歯や歯周病になりやすくなります。
さらに隣り合う歯同士の位置関係が悪いと、食べ物が歯と歯の隙間に挟まることによって歯の周りが不潔になり、虫歯や歯周病の原因になります。
噛み合わせが悪いために一部分だけ強く咬んでいる歯がある場合は、その歯の負担が大きくなり、歯茎が下がるなど歯周病を悪化させることもあります。

02歯並びの悪さによっては歯が傷付きやすくなる。

上顎の前歯が外側に出ている場合は、転んだり何かが歯にぶつかったりすることで、歯が欠けたり折れたりしやすくなります。またスペース不足のため歯が生えることができず埋まった状態になった永久歯が、隣りの歯を傷つけてしまうこともあります。

03歯並びが悪いと食べ物を十分に咬むことができない。

上下の前歯が咬み合わない、出っ歯や受け口の場合、前歯で食べ物を咬み切ることができません。奥歯の歯並びが悪いと奥歯の噛み合わせが悪くなるため奥歯で食べ物を噛んで磨り潰す能率が低くなります。したがって歯並びや噛み合わせが悪いと胃腸の負担が増し、胃腸炎などの病気になりやすくなると言われています。

04噛み合わせが悪いことが顎関節症の
原因になることがある。

上下の前歯が咬み合わない、出っ歯や受け口の場合、前歯で食べ物を咬み切ることができません。奥歯の歯並びが悪いと奥歯の噛み合わせが悪くなるため奥歯で食べ物を噛んで磨り潰す能率が低くなります。したがって歯並びや噛み合わせが悪いと胃腸の負担が増し、胃腸炎などの病気になりやすくなると言われています。

  1. ① 口を開けたり閉じたりする時に顎関節部分から音が聞こえる。
  2. ② 顎関節の部分や周囲の筋肉に痛みがある。
  3. ③ 口を開けられなくなる。

といった症状が出る病気ですが、顎関節症は噛み合わせ以外にも様々な原因があるため、矯正治療をして噛み合わせを治したら確実に治るとは言えません。

05噛み合わせが悪いと体のバランスが崩れる原因になることがある。

顎の骨の成長がある時期に、噛み合わせが悪くて顎の位置がずれて咬む状態が続いていると、顎が曲がって成長して顔の輪郭が非対称になってしまう可能性があります。また体に対して顎の位置のバランスが悪くなると、それに伴って体の重心もずれるために姿勢にも影響が出ることがあります。

06歯並びが悪いことで体の健康をおびやかす
悪い癖が付いてしまう原因になることがある。

口呼吸、異常な舌や唇の運動は、歯並びや顎の成長を悪化させる原因となりますが、また一方では、歯並びが悪いことによって、意識とは無関係に口を閉じることができず口呼吸になったり、舌の正しい運動ができなくなることで、さらに歯並びが悪くなる原因になってしまうこともあります。

07歯並びが悪いことで
発音障害の原因になることがある。

人間は声帯・舌・顎・唇などの運動を組み合わせることで声を発生し、言葉を話すことができます。歯並びが悪いことにより、舌や唇や顎を正しく運動させることができない状態になっていると、発音障害になる可能性があります。

08歯並びが悪いことによって心理的な影響が出る可能性がある。

健康とは身体的に問題が無いばかりでなく、精神的にも最適な社会生活を営める状態であることであり、現在の医療は、心の問題を度外視して考えることはできません。笑った時に相手に悪い歯並びが見えるというのは、一般的には「恥ずかしい」と感じる方が多いようです。歯並びの悪さがあるために、人に笑顔を見せることがコンプレックスになると、心理的には自分に自信が持てなくなるため、他人とのコミュニケーションが消極的になり、性格が暗くなってしまう、潜在的にもその様に感じている方は、意外にたくさんいらっしゃいます。

歯並びの症状について

叢生・乱杭歯・八重歯

歯並びが内側や外側にずれている乱杭歯(らんぐいば)や八重歯があることを叢生(そうせい)と呼びます。叢生があると食べ物が歯並びが悪い部分に残りやすく、さらにそのような部分は歯磨きをしても磨き残しになりやすいため、虫歯や歯周病になる可能性が高まります。虫歯や歯周病になると歯の寿命が短くなってしまうことに繋がり、歯を失うとひいては体の健康寿命が短くなることにも繋がります。

上顎前突・出っ歯

下の顎の骨が小さい場合、上の顎の骨が大きい場合、歯並びや噛み合わせが悪くて上の前歯が前に下の前歯が後ろにずれてしまった場合など、上下の顎の骨の前後的な大きさのバランスに問題があるまたは上下の前歯の傾きに問題があることによって出っ歯な状態になってしまいます。遺伝だけでなく、口呼吸、食べ物や飲み物を飲み込む時に唇に力が入って下の前歯を内側に押す癖なども原因になります。

下顎前突・受け口

すべての上の歯が2~3mm下の歯より外側に出ているのが正しい噛み合わせですが、前歯が受け口の噛み合わせになってしまっていると、食べ物を噛んだり磨り潰す運動に支障をきたすだけでなく、顎関節にも負担がかかってしまい、顎の関節が痛い、口が開かなくなる、顎の関節の部分から音が聞こえるといった症状が出る顎関節症にもなりやすくなります。また成長期に受け口の状態になっていると、受け口の噛み合わせによって、さらに顎が前にずれた状態で咬もうとするため受け口がだんだんひどくなる可能性があります。遺伝だけでなく口呼吸や舌の運動異常も原因になります。

空隙歯列弓・すきっ歯

歯がすべて永久歯に生え換わった状態の歯並びでは歯と歯の間に隙間があってはいけません。歯と歯の間に隙間があると発音が悪くなるだけでなく、隣り合う歯同士が支え合うことができなくなり、1本1本の歯に負担がかかる可能性があります。舌を前歯に押し付ける癖、舌が大きい、歯が小さいことなどが原因になります。奥歯の間に隙間が空いていると、食べ物が歯の間に挟まり不潔な状態になりやすくなります。

過蓋咬合・噛み合わせが深い

前歯は2~3mmの深さで噛み込むのが適切ですが、重度に噛み合わせが深いと歯が削れてしまったり、下の前歯で上の歯茎を咬んで傷ができ、そこからバイ菌が体に入ってしまいます。上の前歯に下の前歯が深く咬み込んでいるため、下顎が自然に前方に成長することができずに、出っ歯が目立つ骨格や顎が短い骨格になってしまうこともあります。また噛み合わせが深いと食べ物を噛んだり磨り潰す運動に支障をきたすだけでなく、顎関節にも負担がかかってしまい、顎の関節が痛い、口が開かなくなる、顎の関節の部分から音が聞こえるといった症状が出る顎関節症にもなりやすくなります。

交叉咬合・中心がずれている

上下の前歯の真ん中が一致していない場合、顎の骨や歯の噛み合わせが左右どちらかにずれている可能性があります。幼少期に顎が曲がっていなくても、上下左右の奥歯の幅のバランスがあっていなくて、噛み合わせのバランスが悪い状態を放置していると、成長の過程で顎のずれが出てきて、食べ物をしっかり咬めなくなるだけでなく、顔を正面から見た時に顎がだんだん曲がって成長してしまう可能性があるため、早めに治療することが必要です。

開咬・前歯が閉じない

前歯の噛み合わせの深さは2~3mmが適切ですが、上下の前歯が噛み合わない状態だと食べ物を咬み切ることができないだけでなく、発音も悪くなってしまいます。口呼吸、舌を前歯の間に挟み込む癖、ものを咬む癖が主な原因になります。

矯正治療のメリット・デメリット

メリット

  • ・歯並びが綺麗になることで顔の印象が良くなり、さらにその人自身の印象も良くなる
  • ・虫歯になりにくくなる
  • ・歯周病になりにくくなる
  • ・歯の寿命が長くなる
  • ・健康寿命が長くなる
  • ・歯磨きがしやすくなる
  • ・食べものを効率よく咬めるようになり、胃腸の負担が少なくなる
  • ・噛み合わせのバランスが良くなるため、1本1本の歯にかかる負担が少なくなり、歯の寿命が延びる
  • ・性格が前向きになる
  • ・姿勢が良くなる
  • ・かぶせ物の寿命が長くなる
  • ・虫歯や失った歯がある場合に、矯正治療を活用すると歯の健康にとって理想的な歯科治療ができる

デメリット

  • ・歯に矯正力をかけた時は数日間痛みが出ることがある
  • ・矯正装置が歯に付いているとある程度違和感がある
  • ・矯正装置の種類によっては発音しにくくなることがある
  • ・矯正装置の種類によっては見た目が気になる
  • ・ある程度治療に時間がかかる
  • ・矯正装置の種類によっては慣れるまで食事を取りにくくなる
  • ・矯正装置の種類によっては歯磨きに時間がかかる
  • ・歯磨きを怠ると虫歯や歯肉炎になりやすくなる
  • ・歯茎が下がる場合がある
  • ・口内炎になる場合がある

矯正治療の流れ

まずは無料カウンセリングをご利用ください

ご来院またはメールにて承っています。

ご来院いただいて直接ご相談をご希望の方は、お電話(052-462-1118)にてご予約ください。お電話でご連絡をいただいた場合は、当院受付スタッフより、「お名前、ご連絡先、ご相談内容、ご希望日時など」をお聞きし、ご来院日をご案内いたします。
また、ご来院のご予定がなかなかとれない患者さまへメールでのご相談も承っております。メール相談のご返信は、診療の合間に行っておりますので、返信に数日かかるケースがありますので予めご了承ください。お急ぎの場合は、直接お電話にてご相談ください。

当院では治療終了後も専任の担当衛生士が責任を持って
患者さまのお口の状態を健康に保つための継続的なケアを行っていきます。