ネット予約

トピックス

歯の栄養について

2018.5.22
こんにちは。RYO JIMBO DENTALの管理栄養士です。
今日は口腔内の健康と栄養についてお話ししたいと思います。
 
みなさんが普段美味しく食事ができているのは、当たり前のように感じてしまいますが、歯が健康でなければ美味しい食事はできなくなるかもしれません。

歯の健康は日々のお口のお手入れや、毎日摂取する食事によって守られていきます。
歯はカルシウムでできているため、カルシウムをたくさんとっていれば大丈夫!と思われがちですが、バランスのとれた食事をよくとることで栄養素の効果を十分に発揮できます。

例えばマグネシウムやビタミンDは一緒に摂取することでカルシウムの吸収率を上げる効果があるとされています。
カルシウムは乳類、小魚や干しえび、小松菜やほうれん草などの緑色野菜など、さまざまな食品に多く含まれています。
また、マグネシウムは大豆や海藻類、ビタミンDは魚介類などに多く含まれているので、これらを一緒に摂取することで効率よくカルシウムを摂ることが可能です。

日々の口腔ケアとともに食事の組み合わせも楽しみながら、歯の健康を守っていきましょう。