MENU

医療法人9020 RYO JIMBO DENTAL

「もしも自分の歯が抜けてしまったら」歯科医師ならどうするか|名古屋でインプラント治療なら名駅近くの歯医者【RYO JIMBO DENTAL】

「もしも自分の歯が抜けてしまったら」歯科医師ならどうするか

「もしも自分の歯が抜けてしまったら」歯科医師ならどうするか

皆さんこんにちは。
名古屋駅(名駅)から徒歩5分の歯医者「RYO JIMBO DENTAL」院長の神保 良です。

日頃よりインプラント治療をご希望される患者さんから数多くお問い合わせをいただき感謝申し上げます。
当院では、他院で治療を行うことが難しいと診断された部位のインプラント治療、オールオン4や歯が全くない患者さんに行うフルマウスインプラントなども行なっております。

今回は、『もしも自分の歯が抜けてしまったら、あるいは抜かないといけないとなってしまったらどうしたらよいのか』という、よくいただくご質問について。
歯科医師である自分自身が歯を失ってしまったらどの治療法を選択するかという視点でお話をさせていただきたいと思います。

日頃、患者の皆さんの治療に従事しているなかで、私たちが最も心掛けていることは、皆さんの歯をいかに長く健康に保つかということです。

歯科医療従事者として、なるべく抜かない治療を心がけ、そのために徹底した歯周治療、予防治療を行うのは当然のことですので、そのことをあえて当院ホームページに記載させていただいておりません。

それと同時に、私たちがもう一つ心がけているのは、患者の皆さんに対してお口の中のありのままの状態をお伝えすることです。
当院にお越しいただく患者さんのなかには、本来抜かなくてはいけないほど膿(うみ)が溜まってしまっているのに、その事実を当院で初めて知ったという方もいらっしゃいます。

当然、ご自身のお口の中や歯の状態を知ってショックを覚えられる方も少なくありません。
しかし、もし自分の顎の骨のなかに、歯を抜かなくてはいけないほどの大きな膿の袋、「歯根嚢胞」(しこんのうほう)があることを長期間にわたって知らされていなかった場合、かえってその方がショックなのかなとも感じるのです。

お口の中の細菌と全身の健康状態に関連があることは最新の研究で分かってきました。
アルツハイマーや細菌性肺炎、ひいてはウイルス感染症とも関連があると言われており、お口の中を健康に保つことが健康寿命を伸ばすことに寄与していることは我々としても非常に励みになります。

非常に残念ではありますが、残すことが難しいと診断した歯はお口の健康、そして身体の健康を考慮すると抜歯も選択肢に挙がることがあります。
残すべきではない歯を無理やり残すことこそ、口腔内全体のバランスを崩壊させ、他の健康な歯に悪影響を及ぼす恐れすらあるためです。

私たちとしては患者さんに現状をしっかりとお伝えし、その後の治療の選択肢をご説明することで、納得いただいた上で抜歯を行いたいと考えております。
また、そのような信頼関係のもと治療を進めていけば、巷でよく耳にする『歯医者に行ったら歯を抜かれてしまった』というような言葉も聞かれなくなるのではないかと思います。

さて、本題に戻りますが、もしあなたが歯を失ってしまった場合の選択肢に関するお話は、当院のドクターコラムでさらに詳しく書かせていただいておりますので、端的に歯科医師である私がもし歯を失ったらというお話をさせてください。
歯科治療の選択肢に関して様々な考え方があるのは当然のことですから、他の選択肢を決して否定するものではない前提でご一読いただければと思います。

インプラントの研究と治療に約17年間従事した私が歯を失ってしまった場合、インプラントを迷わず選択すると思います。
歯を失った際にインプラントを選択する理由は、インプラント治療による欠損の治療が、感覚的にも機能的にも視覚的にも最も天然歯に近いものであるからです。
また、歯科治療の信頼度(長期予後)を考えても、インプラント治療の右に出る治療はありません。

ブリッジや入れ歯は残った天然歯に負担をかけることになりますし、総入れ歯であれば、やはり違和感を覚える、話しにくいといった問題が生じてくる可能性があるので、自分としては避けたい治療法であります。
歯の欠損を補うために周囲の歯にダメージを与えることで、今度は周囲の歯がぐらついてしまったり、抜歯の必要が出たりするようでは、歯が相次いで無くなる悪循環から抜け出すことはできません。

周囲の歯、口腔内全体のバランスを保つため、予防の概念に基づいてインプラント治療を行うことこそ最善の治療だと考えております。

世界的な潮流に目を向けてみても、やはりインプラント治療が歯の欠損治療の第一選択肢となりつつあります。
もちろん、国によって保険制度の違いもありますので、一概に日本でも同じような考え方が完全に浸透するとは思っておりません。
そして、皆さんの健康への投資という側面から考えても、インプラント治療を選択することは一大決心だと思います。

「医療法人9020 RYO JIMBO DENTAL」では、インプラント治療をするとご決断くださった皆さんのお気持ちをしっかりと受け止めて、最善・最高レベルの治療をご提供することをお約束します。

自分自身が歯を失ったときに行いたいインプラント治療だからこそ、患者さんに自信をもってお勧めすることができると思います。
そのようなインプラント治療が、なぜ歯の欠損治療に最適なのかについて。
さらにご質問等ございましたら、お気軽に当院スタッフと歯科医師までお問い合わせ・ご質問いただければと存じます。

【関連リンク】

当院のインプラント治療について
当院へのお問い合わせはこちら

【医院情報】

RYO JIMBO DENTAL
0120-960-013
〒450-0002
愛知県名古屋市中村区名駅4丁目26−9
NEW AG TOWERⅠ12階
※駅近!名古屋駅より徒歩5分
受付時間 10:00~13:00 / 15:00~21:00
祝日休診 土曜・日曜 10:00~13:00 / 15:00~18:30

【本記事の監修者】

院長 神保 良

院長

神保 良

専門

インプラント審美歯科

保持資格

歯科医師免許

to top

お電話

ご予約・お問い合わせ

0120-960-013

月~金10:00~13:00/15:00~21:00
土・日10:00~13:00/15:00~18:30
祝日休診