MENU

医療法人9020 RYO JIMBO DENTAL

銀歯とセラミックどちらがおすすめかを歯科医師が解説|名古屋でセラミック治療なら歯医者【RYO JIMBO DENTAL 名古屋駅前院】

銀歯とセラミックどちらがおすすめかを歯科医師が解説

銀歯とセラミックどちらがおすすめかを歯科医師が解説

皆さんこんにちは。
名古屋駅(名駅)から徒歩5分の歯医者【RYO JIMBO DENTAL 名古屋駅前院】の副院長・セラミック歯科治療に従事しています足立真基です。

当院ではセラミックを使用した歯科治療を行っております。
また、患者さまからのお問い合わせも多く頂いており、大変感謝しております。
今回は少しでもセラミック歯科治寮に関して皆さんの疑問にお答えできればと思い、コラムをお届けいたします。

はじめに、セラミックがどのような治療に使用されているか皆さまはご存知でしょうか。
厳密には大変細かくなり、歯科治療の様々な場面でセラミックを使用しています。
分かりやすくいうと「銀歯の代わりになるのがセラミック歯科治療」です。

つまり、むし歯になっている歯を削って、型を取り、銀歯を入れる治療をするときに、銀歯ではなくセラミックを歯に装着する治療です。
今回のコラムでは、このセラミック歯科治療のメリットや、銀歯のデメリットについて説明していきます。

銀歯のデメリット

はじめに、銀歯のデメリットについてご説明いたします。
口の中は唾液によりとても湿った状態であり、金属は少しずつ溶けて(腐食)いきます。

金属が溶けると金属イオンが身体の中のたんぱく質と結合し、それが身体から異物とみなされるとアレルギー反応を起こします。
歯科金属のアレルギーで引き起こされる疾患は、皮膚症状(湿疹、にきびなど)が圧倒的に多いです。
口の中の金属が原因であるにもかかわらず、その症状は口の中ではほとんど発症せず、皮膚に発症することが多く、そのためアレルギーの原因が口の中の金属なのかどうかの判断が困難になります。

このような症状が出た場合は、皮膚科との連携が大切です。
皮膚科でアレルギー検査を行い、口の中の金属が原因である可能性がある場合、金属を除去することになります。
また、金属は少しずつ溶けていくので、銀歯を装着した歯との間に隙間が生じて二次的なむし歯の原因になります。
むし歯になると銀歯が外れたり、再び同じ歯を削ることになったり、治療後に悩まされるケースも少なくありません。

セラミック治療のメリット

銀歯と比較した場合のセラミック歯科治療のメリットをご説明します。

  • 見た目の美しさ
  • セラミックは自然の歯と同様に高い透明感を再現できるので、ご自身の歯と非常に近い色調になります。
    また、隣の歯と調和された違和感のない形態をつくることが可能です。

  • セラミックにはプラークが付かない
  • セラミック自体にはプラークの付着がなく、劣化しにくい材料です。
    つまり、装着した歯との接着精度が高いため、二次的なむし歯のリスクが極めて低くなります。

  • 身体への親和性
  • 近年、海外では可能な限り金属を口の中に入れないように提案されています。
    そのような現状で、セラミックとして使用されている「ジルコニア」は、体にとって非常に親和性が高い非金属の材料であり、安心して口の中にも使用できます。

    まとめ:歯科治療でおすすめなのはセラミック?銀歯?

    最後に、歯科治療において銀歯とセラミックはどちらがおすすめでしょうか?

    「見た目の改善」と「経済的な側面」に関しては、人それぞれの価値観があるため、一概におすすめを選ぶことができません。
    しかしながら、患者さんの口を守る、歯一本を守る、さらには、将来にわたって美味しいものを食べることができるように提案をしたい歯科医師としては、銀歯よりも圧倒的に優れているセラミック治療を提案させていただきます。
    たかが歯一本、されど歯一本、一本の歯を守ることが将来の豊かな生活、快適な食生活へつながると考えております。

    セラミックの優れている点を紹介してきましたが、セラミックにももちろんデメリットがあります。
    通常の人よりも咬み合わせの力が強い場合は、その力が知らず知らずのうちに顎や歯などに大きな負担をかけており、セラミックを入れた場合も、セラミックの寿命を縮めてしまいます。
    そのような場合はマウスピースなどを用いて、咬み合わせの力を軽減させる処置を行うケースもあります。
    もちろん、患者さまご自身では判断しにくいところもあると思いますので、分からないところや不安な点は遠慮なくご相談ください。

    今回は、セラミック歯科治療について説明いたしましたが、当院ではどのような症例でも、どのようなご相談でも、まずは患者さんにご理解いただけるように十分な時間をお取りして説明を行っております。
    気になる方がいらっしゃいましたら、是非お気軽にお問い合わせください。

    【関連リンク】

    当院の補綴治療について
    当院へのお問い合わせはこちら

    【医院情報】

    RYO JIMBO DENTAL 名古屋駅前院
    0120-960-013
    〒450-0002
    愛知県名古屋市中村区名駅4丁目26−9
    NEW AG TOWERⅠ12階
    ※駅近!名古屋駅より徒歩5分
    受付時間 10:00~13:00 / 15:00~21:00
    祝日休診 土曜・日曜 10:00~13:00 / 15:00~18:30

    【本記事の監修者】

    副院長 足立真基

    副院長

    足立 真基

    専門

    インプラントセラミック歯科治療

    保持資格

    口腔外科認定医・歯科医師免許

    to top

    LINE動線

    LINE動線

    お電話

    ご予約・お問い合わせ

    0120-960-013

    月~金10:00~13:00/15:00~21:00
    土・日10:00~13:00/15:00~19:00
    祝日休診