ネット予約

トピックス

フッ素の効果について 

2018.6.11
こんにちは RYO JIMBO DENTALの歯科衛生士です。


今日はフッ素についてお話したいと思います。

フッ素は、歯の表面を酸に溶けにくい性質にし、虫歯を予防します。

お子さんの乳歯や、生えたての永久歯は表面のエナメル質が弱く、虫歯になりやすいです。
また、大人になると歯ぐきが下がり、普段歯ぐきに覆われていた部分が露出する事があります。
露出した部位は虫歯になりやすくなってしまいます。
そのため、お子さんだけでなく、フッ素は大人にも虫歯予防として使われます。
 

フッ素は歯から溶けだしたカルシウムなどを、再吸収しやすくし、
初期の虫歯の進行を抑制する効果もあります。

フッ素は日本で販売されているほとんどの歯磨き粉に含まれています。
市販の歯磨き粉のフッ素と、歯科医院で使用されるフッ素との違いは濃度です。
高濃度のフッ素を歯科医院で定期的に塗ることで高い虫歯予防の効果が得られます。
毎日のフッ素入り歯磨き粉の使用と、定期的なフッ素塗布で虫歯になりにくい歯をつくりましょう。