MENU

医療法人9020 RYO JIMBO DENTAL

【歯科医師解説】入れ歯・ブリッジ・インプラント…歯の欠損治療方法と長所・短所について

【歯科医師解説】入れ歯・ブリッジ・インプラント…歯の欠損治療方法と長所・短所について

【歯科医師解説】入れ歯・ブリッジ・インプラント…歯の欠損治療方法と長所・短所について

皆さんこんにちは。
名古屋駅(名駅)から徒歩5分の歯医者【RYO JIMBO DENTAL 名古屋駅前院】の歯科医師・大津留 果歩です。

当院にお越しいただく患者さんから、『歯を失ってしまったが、そこはどういう治療がいいのか』というご相談を受けることがあります。
そこで今回は、歯を失ってしまった場合の治療法を説明させていただきますので、ぜひ参考にしてみてください。

虫歯や歯周病、事故やケガなどで歯を失ってしまうことがあります。
また、およそ10人に1人くらいの割合で大人の歯の数が少ない方もいます。
そういう方は乳歯が使えるまで使っていきますが、だんだん歯が揺れてきて抜けてしまうこともあるでしょう。

奥歯を失った場合など、『目立たないから…」と放置される方もいらっしゃるのですが、奥歯がない状態のままにすると、お口の健康に悪影響をおよぼすことにつながります。
例えば、隣の歯が倒れ込んできたり、噛み合っていた向かいの歯が伸びてきたりと、歯並びや噛み合わせを乱し、残った健康な歯にも負担をかけてしまうリスクがあるのです。

放置する時間が長いほど、治療も大変なものになってきます。
噛み合わせの歯を抜くことになったり、本来あるべき歯のスペースがなくなってしまったために、その状態で治療することが困難になって矯正をする場合もあります。

歯を失った場合の治療法

歯の場所や本数によって対処は異なりますが、基本的に歯を失った場合の治療方法は3つあります。

入れ歯治療

1つ目は入れ歯です。
入れ歯は保険治療の金属のバネのもの、自費治療のバネが目立ちにくいものと、裏側の部分が金属のものがあります。
入れ歯の長所としては、型取りするだけで作れて治療回数が少ないことと、バネをかける部分だけ他の歯を削るため、比較的量が少ないです。

入れ歯の短所は、異物なので不快感を覚えて、なかなか慣れず使えない方もいらっしゃるということです。
また、噛む力も低下して話しづらくなったり、取り外しをして清掃をする必要があるので手間がかかったりします。

入れ歯では熱を感じにくいため、ご飯が美味しくなくなったと言われる方もいらっしゃいます。
バネのかかっている歯にも負担がかかり、隣の歯が抜けてくることもあるでしょう。
保険治療の入れ歯は金属の金具が見えるので、見た目もよくありません。
自費治療ではバネの色が歯茎の色に近く目立たないものもありますが、バネにかかっている歯の負担は変わりません。
自費の金属の入れ歯は保険の入れ歯より熱を感じやすく、薄く作れますが異物感は残るでしょう。
入れ歯が大変な最大の理由は、歯を抜いた部分の骨は次第に無くなってくるため、入れ歯の形も変わり、作り替えが必要になってくることです。

ブリッジ治療

歯を失った場合の2つ目の治療法は、ブリッジです。
ブリッジの長所は取り外しの面倒がなく、異物感もないことです。

短所は、隣の歯を大きく削らないといけない点でしょう。
隣の歯を大きく削らなければいけないため、歯の傾きによっては健康な歯の神経を抜く治療が必要な場合もあります。

一度も治療していない健康的な歯以上のものはありません。
被せ物をしても自分の歯には敵わないため、削らなくていい歯は削らないのが一番です。

保険治療によって、奥歯は銀歯で前歯は白い材料でブリッジ治療が行えますが、白い材料は吸水性のある材料であるため、時間が経つと変色してしまいます。
また、その白さは決まった色から選ぶため、隣の歯とまったく同じ色にはできません。
自費治療のセラミック材料であれば、隣接する歯と変わらないような形と色を再現でき、変色もしません。
セラミックは見た目の美しさだけでなく、歯に接着する材料を使うので隙間もできにくく、虫歯にもなりづらいです。

つまり、ブリッジ治療をする場合は材質の選択も大切なポイントだと言えるでしょう。
ブリッジは隣の歯の有無や失った歯の数によって、治療できるかどうかが決まります。
また、歯のない部分に入れたダミーの歯の下に物が詰まるため、歯間ブラシでの清掃が必要になってきます。

インプラント治療

3つ目の治療法は、インプラントです。
インプラントの長所は、異物感がなく、ご自身の歯と非常に近い感覚で噛むことができる点です。
また、隣の歯への負担がないこともインプラントのメリットだと言えるでしょう。

すべての歯で均等に噛める方が、1本の歯にかかる負担は減ります。
インプラントはバランス良く歯全体でしっかりと噛めるため、残っている歯に対しても良い治療法だと考えています。

インプラント治療の短所は、自費治療であるため治療費が高額になること。
また、手術が必要になるため、入れ歯やブリッジよりも治療期間が長くなることです。

入れ歯・ブリッジ・インプラントには、それぞれメリット・デメリットがあります。
大切なことは、患者さんのご希望に合った治療法を選択することでしょう。
皆さんは失った歯の治療にどの方法を望まれるでしょうか?
将来、より長く歯を健康に保つために、隣の歯への負担がなく、きちんと噛める治療が良いと思いませんか?

近年は、お口の健康と身体の健康の関係が明らかになってきました。
歯の治療も、健康で長生きするために寄与できることも分かってきています。
1本でも多くの歯を将来残せるように、歯の欠損補綴治療を行う際は後悔のない治療法を選択していただきたいと、いち歯科医師として強く願っています。

治療費用は皆さんご自身の健康への投資です。
【RYO JIMBO DENTAL 名古屋駅前院】では、その場しのぎの治療ではなく、患者さんの将来と健康を考えて最も適した材料選択・治療法をご提案いたします。
その他、お口や歯についてのお悩みがあれば、気軽にお問い合わせください。
なかなか歯科医院に行く機会がなかったという方も、ぜひまずはご相談いただければと思います。

【関連リンク】

名古屋のインプラントで選ばれる当院のインプラント治療
当院へのお問い合わせはこちら

【医院情報】

RYO JIMBO DENTAL 名古屋駅前院
0120-960-013
〒450-0002
愛知県名古屋市中村区名駅4丁目26−9
NEW AG TOWERⅠ12階
※駅近!名古屋駅より徒歩5分
受付時間 10:00~13:00 / 15:00~21:00
祝日休診 土曜・日曜 10:00~13:00 / 15:00~18:30

【本記事の監修者】

歯科医師 大津留果歩

専門

審美歯科小児歯科一般歯科

保持資格

歯科医師免許

to top

LINE動線

LINE動線

お電話

ご予約・お問い合わせ

0120-960-013

月~金10:00~13:00/15:00~21:00
土・日10:00~13:00/15:00~19:00
祝日休診