ネット予約

トピックス

虫歯の原因について

2018.8.6

こんにちは RYO  JIMBO  DENTAL歯科衛生士です。

今日は虫歯の原因と予防についてお話したいと思います。
 

皆さんのお口の中には虫歯の原因菌であるミュータンス菌という菌が常に生息しています。
ミュータンス菌は歯に残った糖分を分解してネバネバする歯垢(プラーク)を作り出します。
そしてミュータンス菌は増殖し、排出物として乳酸などの酸を出します。
この酸が歯を溶かして虫歯にします。

酸によって歯が溶かされ続けている状態を脱灰といいます。

食事をすると、一時的にお口の状態が酸性に傾き、歯は脱灰されますが、
時間がたつと自然とお口の唾液の力で元の中性に戻ります。
この脱灰された歯を修復する事を再石灰化といいます。
 

だらだら食べをしていると脱灰している状態が続き、虫歯になりやすくなってしまいます。
食事や、間食は時間を決めるようにしましょう!
そして食事の後は歯を磨き、糖やプラークの量を減らし、
出来るだけ脱灰される時間を減らすことが大切です。
食生活や、歯磨きの習慣を見直し、虫歯を予防しましょう。