ネット予約

トピックス

口呼吸について

2018.9.15
こんにちは!RYO JIMBO DENTALの歯科衛生士です。
今日は、口呼吸についてお話ししたいと思います。

口から呼吸をする人は風邪を引きやすいという話をよく耳にします。
さらに口呼吸だと風邪を引きやすくなるだけではなく、虫歯になるリスクが高くなるのは知っていますか?

唾液は様々な働きを担っています。  
先日のブログでご紹介した口の中のpHを中性に保つ緩衝作用、咀嚼時に食べ物をまとめて飲み込みやすくする咀嚼の補助作用、粘膜の表面に潤いをもたせ咀嚼、嚥下、発音を容易にする潤滑作用、そして咀嚼時に食物が歯や粘膜に滞るのを防ぐ洗浄作用、その他にもたくさんの役割を担っていて私たちの口の中と身体の健康を守ってくれています。
口呼吸で口の中が乾燥すると緩衝作用が鈍くなると共に洗浄作用も落ちるため、プラークが歯に停滞しやすくなり虫歯のリスクが高くなります。
そして口臭の原因にもなっていることもあります。
さらに、口呼吸は出っ歯や歯列不正を招きます。

当院では口呼吸の治療も行っています。
ご自身が口呼吸かな?と気になられた際は是非当院にご相談ください!