ネット予約

トピックス

歯っぴーバレンタイン!

2019.2.12

もうすぐバレンタインデーですね!

バレンタインデーにはチョコレートを渡す習慣がありますが、もちろんチョコレートなどの甘いもの食べると虫歯になるリスクが高まります。

tooth_ha_mushiba.png

しかし、虫歯になりにくいキシリトール入りチョコレートがあるのをご存知ですか?

よくガムや飴などでキシリトール入りのものを見かけると思いますが、

チョコレートにもキシリトール入りのものが作られています。

キシリトールの働き

1.キシリトールの甘さにより唾液を出させる効果があります。唾液量が増えることにより緩衝作用が高まり、歯の再石灰化を促進させます。

2.プラーク中のミュータンス菌を減少させ、酸生成を抑制する作用があります。

ミュータンス菌は通常、糖を取り込みエネルギー源として酸を生成します。この酸がむし歯の原因となります。しかし、ミュータンス菌はキシリトールを取り込むことができないため弱ってしまい、酸も生成できなくなります。の増殖を抑制し

まだあまり世間では見かけることが少ないキシリトールチョコですが、チョコレートをよく食べられる方は一度購入をご検討されてみてはいかがでしょうか?

もちろんお子さんでも食べることが出来ますので、お子さんのおやつにもおすすめです!

IMG_2322.gif