MENU

医療法人9020 RYO JIMBO DENTAL

名古屋駅の予防歯科・インプラント・矯正専門の歯医者「医療法人9020 RYO JIMBO DENTAL」の「ジュースで歯が溶けるって本当?...」のページです。

ジュースで歯が溶けるって本当?

こんにちは。RYO JIMBO DENTALの歯科衛生士です。
今回は飲み物と虫歯との関係性についてお話ししたいと思います。
突然ですが、みなさんは飲み物によって歯が溶けてしまう可能性があることをご存知ですか?
甘いお菓子は食べすぎると虫歯になるというお話はよく聞いたことがあると思いますが、ジュースなどのお砂糖が多く含まれている飲み物も同じく虫歯にとてもなりやすいのです。
ご飯を食べるとき、飲み物を飲むとき私たちのお口の中は酸性に傾きます。
この酸性というのは文字の通り“酸“なので、この酸性の状態がお口の中でずっと続いたままだと私たちの歯はどんどん溶かされてしまう可能性があるのです。
pHという酸性やアルカリ性の程度を表しているものがあります。pH=7.0で中性です。このpHが7.0以下になると酸性になるのですが、歯が溶け始めると言われているpHは5.5以下です。お口の中が一度pH5.5以下になると、pH5.5以上に戻るのに30分〜1時間かかると言われています。

水はpH=7.0、牛乳はpH=6.8、緑茶はpH=6.2

ここからが注意しなければいけない領域に入っていきます…

ビールはpH=4.3、100%オレンジジュースはpH=4.0、スポーツ飲料はpH=3.8、コーラはpH=2.2 という様に炭酸飲料や柑橘系のジュースなどはかなり酸性が強いことが分かります。

だからといって全く飲まないようにする必要はないと思います。これからの季節は特にスカッとする飲み物を飲みたくなったりすることもあるかと思います。なのでこういった飲み物を飲むときには、ぜひ次のような工夫をしてみてくださいね!

1つめはストローで飲む です。これはストローで飲むことで歯にあたらず、そのまま喉に流れ込ませることができるからです。

2つめは酸性の強い飲み物を飲んだ後に、水でうがいをしたり水を飲む です。水でなるべく酸性の強い飲み物をお口の中から流してあげましょう。

3つめはキシリトールのガムを噛む です。ガムを噛むことで唾液が分泌されます。唾液にはpHを中性に戻す作用があるので、この唾液を多く出すことは効果があると言われています。

みなさんもこのように工夫して暑い夏を乗り切りましょうね(^^)

to top

お電話

ご予約・お問い合わせ

0120-960-013

月~金10:00~13:00/15:00~21:00
土・日10:00~13:00/15:00~18:30
祝日休診