MENU

医療法人9020 RYO JIMBO DENTAL

20代のインプラント治療についてメリットや注意点を解説|【RYO JIMBO DENTAL 名古屋駅前院】

20代のインプラント治療についてメリットや注意点を解説

20代のインプラント治療についてメリットや注意点を解説

皆さんこんにちは。
名古屋駅(名駅)から徒歩5分の歯医者【RYO JIMBO DENTAL 名古屋駅前院】です。

インプラント治療と聞くと、高額なイメージや歯を失ってしまってから機能を回復させる治療というイメージを多くの方が抱くかもしれません。
しかし、美しい見た目や機能性からインプラント治療を選択する20代の方も増えてきており、若いうちにインプラントにしておくとメリットも数多くあります。

そこで今回の記事では、「20代でインプラント治療」を選択する理由や、メリット・デメリット、注意点などについてまとめて解説します。

20代でインプラント治療は可能?

結論からいうと、「20代でのインプラント治療」は可能です。

インプラント治療の適正年齢は、おおよそ20歳頃から。
また、インプラント治療は何歳まで、という決まりはありません。
一般的に、全身疾患や麻酔によるアレルギー、呼吸器疾患がない方であれば、どなたでもインプラント治療を受けることができます。

実際にインプラント治療をされている20代の方も多くいらっしゃいます。
しかし、そもそも20代で歯を失うということが少ないため、高齢の方と比べると相対的に数は少なくなるでしょう。

補足として、骨量や骨質が足りない場合は、年齢にかかわらずインプラント治療が難しくなることがあります。

インプラント治療は年齢に関係なく、いくつであっても失った歯の機能を回復させる治療の有効な選択肢です。
また、若い年齢でインプラント治療をすると、その分だけ長く使うことができて費用対効果の面においても良い、といったメリットもあります。

20代でインプラント治療が必要になる主な原因

まだまだ若い20代の人でも、歯を失ってインプラント治療が必要になる場合があります。
ここでは、歯を失い、インプラント治療が必要になる主な原因を解説します。

1:神経に到達するほど重症化した虫歯を放置した場合

虫歯が歯の神経まで到達するほど深くなった場合、神経が壊死してしまうことがあります。
そのまま虫歯の進行を放置していると、歯の根っこ(歯根)の先に膿がたまり、徐々に周囲の骨を溶かしてしまいます。

歯の根っこの治療をしても膿が治らない場合は、骨髄炎などを発症してしまう恐れもあるため、抜歯せざるを得ません。

また、歯が根っこだけになるまで放置した場合、虫歯菌が歯茎や歯槽骨(歯の根っこを支える骨)に感染してしまうことがあります。
そのようなリスクが出てくるほど虫歯が重症化している場合にも、抜歯が必要となります。

2:歯磨きの習慣がなく、重度の歯周病にかかってしまった場合

毎日歯磨きをする習慣がない人の歯には、「プラーク(歯垢)」が蓄積したままの状態が続きます。
歯と歯茎の境目からプラークによる刺激を受け、歯茎が炎症を起こしたものが「歯周病」です。

歯周病が重症化すると、歯を支えている歯槽骨が溶けて歯がグラグラしてきます。
重症化した歯周病を放置していると骨の破壊が広がり、他の歯を支える部分にまで被害が広がる恐れがあるため、抜歯が必要となるのです。

3:歯ぎしりが原因で歯が破損してしまった場合

夜寝ている間や考えごとをしている時などに、無意識に歯ぎしりをしてしまう人がいます。
歯ぎしりをすると歯に大きな力が加わるため、歯がすり減ってしまったり、時には歯が割れてしまったりすることもあるのです。

歯ぎしりの刺激によって歯の根っこ部分にまで亀裂が入ったりしてしまうと、隙間から細菌が侵入し、歯茎が炎症を引き起こすリスクがあります。
歯茎の炎症は骨髄炎などの原因となってしまうため、このまま歯を残しておけないと判断された場合には抜歯をすることになります。

4:スポーツや交通事故などの場合

転倒したり、スポーツや交通事故で前歯をぶつけてしまったというような事故により、歯が割れたり折れたりすることがあります。
その際、歯の根っこまで破損してしまった場合には残しておくことが難しいと判断され、抜歯となるケースもあります。

20代でインプラント治療を行うメリット・デメリット

次に20代でインプラント治療を行うメリットとデメリット、注意点などについて解説します。

20代でインプラント治療を行うメリット

    • ・若いので歯の強度が高い

    20代という若い世代では、よほどの栄養失調であったりしない限り、骨の強度を気にせずにインプラント治療を選択することができます。

      ・インプラント手術に耐えられる体力がある

    20代は体力もあり持病も少ないため、手術をするには適しているといえます。

      ・インプラント手術後の治癒力が高い

    また回復力も高いので、術後の治療や骨との結合も比較的早いです。

  • 20代でインプラント治療を行うデメリット

    • ・インプラント治療は高額
  • インプラント治療は、保険適用ではないため基本的に自費診療です。
    そのため、どうしても数十万円かかるなど高額になります。
    しかし高額治療は医療控除の対象になるので、そういった制度を利用するのもおすすめです。

    20代でインプラント治療を行う際の注意点

    • ・定期的なメンテナンスと毎日のケア
  • インプラントはインプラント周囲炎にかかるリスクがあるため、毎日の歯磨きは欠かせません。
    また、6ヵ月に1度ほどの定期メンテナンスで、自分ではできない部分のクリーニングやインプラントのチェックをしなければなりません。

    • ・顎の骨の成長が終わっているか
  • インプラントを埋めた後に顎の骨が成長してしまうと、天然歯(治療していない自分の歯)とインプラント治療した歯の間にズレが生じてしまう場合があります。
    そのため、インプラントを埋め込む顎の骨の成長が終わっているかどうかは重要なポイントとなります。

    まとめ:20代でのインプラント治療は歯科医選びも大切

    20代でのインプラント治療の特徴は下記のとおりです。

    • ・20代でのインプラント治療は可能
      ・20代は骨が丈夫で体力もあり、術後の回復力も高い
      ・治療費が高額になってしまう
      ・日々のケアと定期メンテナンスが必要
      ・顎の骨の成長が終わっているかどうか診てもらう
  • 20代の方以外にもいえることですが、安心・安全にインプラント治療を受けていただき、長く機能を保たせるには、信頼できる歯科医院と歯科医師を選ぶことが大切です。

    歯科医選びで重要なのは、下記の4つのポイントになります。

    • ・将来を見据えたインプラント治療プランを提案してくれる
      ・インプラント治療の設備が整っており、適正な検査や診断をしてくれる
      ・インプラントの専門医がいる
      ・インプラント以外の治療も総合的に行なっているため、お口のさまざまな問題に対処できる
  • 当院にはインプラント専門医と設備が整っており、患者さまの身体の負担を最小限に抑え、さまざまな歯の疾患に悩む方にも最適な治療プランをご提案しています。
    インプラント治療後のアフターケアも丁寧に行なっていますので、インプラントに関心がある方はお気軽にご相談ください。

    【関連リンク】

    名古屋のインプラントで選ばれる当院のインプラント治療
    当院へのお問い合わせはこちら

    【医院情報】

    RYO JIMBO DENTAL 名古屋駅前院
    0120-960-013
    〒450-0002
    愛知県名古屋市中村区名駅4丁目26−9
    NEW AG TOWERⅠ12階
    ※駅近!名古屋駅より徒歩5分
    受付時間 10:00~13:00 / 15:00~21:00
    祝日休診 土曜・日曜 10:00~13:00 / 15:00~18:30

    【本記事の監修】

    to top

    お電話

    ご予約・お問い合わせ

    0120-960-013

    月~金10:00~13:00/15:00~21:00
    土・日10:00~13:00/15:00~19:00
    祝日休診