MENU

医療法人9020 RYO JIMBO DENTAL

熱いものが歯にしみる原因と対処法|【RYO JIMBO DENTAL 名古屋駅前院】

熱いものが歯にしみる原因と対処法

熱いものが歯にしみる原因と対処法

こんにちは。
名古屋駅(名駅)から徒歩5分の歯医者【RYO JIMBO DENTAL 名古屋駅前院】です。

突然ですが、熱いものを食べたり飲んだりしたときに、歯がしみることはありませんか?

実は熱いものが歯にしみるときは、なんらかのトラブルが起きている可能性があるのです。
今回は、熱いものが歯にしみるときに考えられる原因と対処法について、まとめて解説していきます。

熱いものが歯にしみる原因

熱いものが歯にしみるときには、さまざまな歯の症状が原因と考えられます。

虫歯

虫歯と聞くと、歯が痛むイメージがありますが、熱いものがしみることも症状のひとつとして挙げられます。
虫歯になることによって歯の表面にあるエナメル質に穴が開き、象牙質がむき出しとなってしまいます。
象牙質は熱いものなどの刺激に敏感なので、歯が痛んだりしみたりしてしまうのです。

歯周病

歯周病の症状が進行して歯茎が下がると、熱いものがしみることがあります。
歯茎が下がることで、歯茎に覆われているはずの象牙質の部分がむき出しとなって、刺激を受けてしまうのです。
歯周病の初期症状として熱いものがしみることはないので、早めの治療をおすすめします。

知覚過敏

知覚過敏の人が熱いものを口にすると、ピリッと一瞬しみることがあります。
これは歯の表面のエナメル質に傷がついて、象牙質が刺激を受けることで起こります。
知覚過敏になってしまう原因として、歯磨きをするときに力が強すぎることや、歯ぎしりや食いしばりで、歯に負担がかかってしまうためだといわれています。

歯髄炎

歯髄炎とは、歯の神経が炎症を起こすことで、初期症状として熱いものがしみる場合があります。
虫歯や歯周病が進行してかかるケースが多く、歯をぶつけたり割れたりしたところから炎症を起こすこともあります。
歯髄炎の症状が悪化すると激痛を伴うことがあるので、早めに治療するようにしましょう。

銀歯の影響

虫歯の治療のあとにかぶせる銀歯ですが、銀は熱を伝えやすい物質なので、他の歯よりも熱いものに敏感になっています。
そのため、銀歯の下にある歯の神経にも熱が伝わりやすく、熱いものがしみるという症状が起こるのです。

歯科治療の影響

歯科治療の影響で熱いものがしみる原因として考えられるのは、根管治療です。
根管治療とは、歯の根元の根管内にある膿や汚れを取り除いてキレイにする治療法です。
この治療法は歯科医院の高い技術が必要となり、膿や汚れが残っていると、そこから炎症を起こして熱いものがしみることがあります。

このように、熱いもので歯がしみるときにはなんらかのトラブルが起きていることになります。
症状が進行してしまう前に、歯科医院へ相談するようにしましょう。

熱いものが歯にしみる時の対処法

熱いものが歯にしみるときの応急処置として、患部を冷やしたり痛み止めを飲んだりすることも効果的ですが、歯の症状によってさまざまな対処法があります。

歯周病の場合

歯周病から熱いものがしみる場合は、これ以上歯茎が下がって歯周ポケットが深くならないようにすることが大切です。
歯科医院で定期的に検診を受けてクリーニングをしてもらうことで、症状の進行を抑えることができます。

歯髄炎の初期症状の場合

食いしばりや歯ぎしりをしてしまうという人は、歯科医院で「ナイトガード」と呼ばれる就寝時用のマウスピースを作ってもらうことができます。
また歯が割れてしまっている場合は、接着剤で固定する治療の必要もあります。

知覚過敏の場合

象牙質が刺激を受けるのを防ぐために、歯の表面にコーティングをする、樹脂素材の詰め物をする治療法があります。
また知覚過敏用の歯磨き粉を使うことも予防法のひとつです。

歯科治療の後にしみる場合

治療を受けたあとは、歯の神経が敏感になっています。
そのため、治療から2週間程度は熱いものや冷たいものがしみやすくなることがあります。

時間が経てば症状は落ち着いていきますが、気になるという人は、治療後は熱いものや冷たいものを避けるようにしてください。

このようにさまざまな対処方がありますが、早期治療のためにも、気になることは歯科医院へ相談することが大切です。

まとめ:熱いものが歯にしみたら放置はNG!

熱いものが歯にしみる原因はさまざまですが、主な原因を下記にまとめます。

  • 虫歯
  • 歯周病
  • 知覚過敏
  • 歯髄炎
  • 銀歯の影響
  • 歯科治療の影響

このような症状を放置しておくと、やがて痛みも加わり、ときには激痛を伴うこともあります。
熱いものが歯にしみる時の応急処置として、痛み止めや患部を冷やすことも効果的ではありますが、なるべく早めに歯科医院で治療を受けることが大切です。

当院では予防歯科の観点から、患者様の歯と身体の健康を守るサポートに積極的に取り組んでいます。
何か気になることがありましたら、お気軽にご相談ください。

【関連リンク】

虫歯や歯周病からお口の健康を守る当院の予防歯科についてはこちら
当院へのお問い合わせはこちら

【医院情報】

RYO JIMBO DENTAL 名古屋駅前院
0120-960-013
〒450-0002
愛知県名古屋市中村区名駅4丁目26−9
NEW AG TOWERⅠ12階
※駅近!名古屋駅より徒歩5分
受付時間 10:00~13:00 / 15:00~21:00
祝日休診 土曜・日曜 10:00~13:00 / 15:00~18:30

【本記事の監修】

to top

LINE動線

LINE動線

お電話

ご予約・お問い合わせ

0120-960-013

月~金10:00~13:00/15:00~21:00
土・日10:00~13:00/15:00~19:00
祝日休診