MENU

医療法人9020 RYO JIMBO DENTAL

歯の磨きすぎはNG?オーバーブラッシングの注意点を解説|【RYO JIMBO DENTAL 名古屋駅前院】

歯の磨きすぎはNG?オーバーブラッシングの注意点を解説

歯の磨きすぎはNG?オーバーブラッシングの注意点を解説

こんにちは。
名古屋駅(名駅)から徒歩5分の歯医者【RYO JIMBO DENTAL 名古屋駅前院】です。

歯と口の健康を守るためには、毎日の歯磨きがとても大切です。
しかし、虫歯にならないようにと磨きすぎてしまうと、歯の寿命を縮めてしまい、かえってさまざまなトラブルを引き起こしてしまう可能性があるのをご存知でしょうか?

そこで今回は、歯の磨きすぎによって起こる症状や、トラブルが起きてしまったときの対処法、正しい歯の磨き方などをまとめて解説します。

歯の磨きすぎのリスク!オーバーブラッシングとは

オーバーブラッシングとは、歯磨きのときに力を入れすぎていたり、磨く時間が長かったり、歯磨き粉をたくさん使うことによって歯や歯茎に傷がついてしまうことです。
オーバーブラッシングを続けていると、さまざまなトラブルを引き起こすことがあるので注意が必要です。

象牙質知覚過敏の原因になる

歯を磨きすぎると、歯の表面にあるエナメル質が削られて象牙質という組織がむき出しになってしまいます。
それにより、冷たいものなどの刺激で歯がしみて痛くなる、象牙質知覚過敏にかかってしまうことがあるのです。
エナメル質は一度削られてしまうと再生できないので、歯磨き粉の量や磨くときの力加減にも注意が必要です。

歯茎が痩せて下がってしまう

歯茎の痩せは歯周病が原因の場合もありますが、力を入れて歯を磨くことで引き起こされる場合もあります。

歯磨きの刺激で歯茎に傷がついて下がってしまうことで、歯の根っこが見えるようになってしまいます。
本来歯茎に覆われているはずの根っこの部分は、歯の質がやわらかく、汚れがつきやすいので、虫歯や知覚過敏にかかりやすくなってしまうのです。
また、力を入れて歯を磨くことで、歯茎が刺激をうけて硬く盛り上がってしまう「フェスツーン」という症状が出ることもあります。

磨きすぎの注意点を押さえた「正しい歯磨き方法」

オーバーブラッシングによる歯のトラブルを起こさないためには、どのように歯を磨けばいいのでしょうか?
正しく歯磨きをするポイントを大きく分けると3つあります。

  • 歯ブラシ選び
  • 磨く時間
  • 磨く順番

上記の3つがとても大切です。
それぞれ詳しく解説していきます。

磨き方のポイント

しっかりと歯を磨くために、硬めの歯ブラシを選んでいる方も多いかと思いますが、ブラシが硬いと歯や歯茎に傷がつきやすくなってしまいます。

知覚過敏や歯周病の人はやわらかい歯ブラシで優しくマッサージするように磨きましょう。
歯ブラシの大きさとしては、真ん中の前歯2本分の大きさのものが磨きやすいとされています。
正しい歯磨きには、歯の状態に合わせてさまざまな磨き方があります。

スクラビング法

一般的な磨き方で、歯茎への刺激が少ない磨き方です。
ペンを持つように歯ブラシを握り、歯に対して直角に毛先をあてて力を入れすぎないように小刻みに磨きます。
歯の表面や歯と歯の間をきれいに磨くことができる方法です。

バス法

歯周病や歯肉炎にかかっている人や、歯並びが悪く磨きにくい場所がある人に適している方法です。
歯と歯茎の間に毛先をななめにあてて、左右に小刻みにブラシを動かします。
歯周ポケットの汚れをかきだして、歯と歯の間の磨き残しが残りやすい場所もきれいに磨くことができます。
歯茎のマッサージにもなるので、歯ブラシは毛が柔らかいものを使うようにしましょう。

フォーンズ法

一番簡単な磨き方で、力加減が難しい子どもや高齢者に適している磨き方です。
上下の歯を噛み合わせた状態で、歯に対して歯ブラシを直角にあてます。
そのままぐるぐると円を描くように上下の歯をまとめて磨きます。

また歯ブラシは1ヵ月に1回は新しいものに交換するのが理想です。
もしもそれまでにブラシの毛先が広がってしまうようであれば、歯磨きのときに力を入れすぎている可能性があります。

時間をかけて丁寧に磨く

歯ブラシを小刻みに動かして、一本ずつ丁寧に磨くイメージで歯を磨いてみましょう。
丁寧に時間をかけて磨くと5~10分かかります。
慣れてくると3~4分で磨けるようになるので、慣れるまでは鏡を見ながら意識して歯磨きをしてみてください。

磨く順番を決める

磨き残しができないように、右から左など、自分で磨く順番を決めておくのがおすすめです。
歯と歯の間や、歯茎との境目、奥歯などはとくに磨き残しができやすい場所なので注意しましょう。
また奥歯の外側は、鏡でも見えない場所なので念入りに磨くようにしてください。

まとめ:歯の磨きすぎでトラブルに陥った際の対処法

歯と口の健康を守るために大切な歯磨きですが、磨きすぎはさまざまなトラブルの原因になります。
オーバーブラッシングを続けることによって、下記のようなトラブルが起きてしまうので注意しましょう。

  • 知覚過敏
  • 歯茎が痩せて下がる
  • 歯や歯茎に傷がつく

トラブルを避けるためにも、より効果的に歯磨きをするにはお伝えした3つのポイントを心がけてみてください。

  • 自分に合った歯ブラシを選ぶ
  • 力を入れて磨かない
  • 磨く順番を決めて、磨き残しをつくらない

もしも正しく歯を磨いていてもトラブルが起きてしまった、というときには早めに歯科医院に相談することが大切です。

歯科医院では、起きてしまったトラブルに対する処置だけではなく、その人の歯や歯茎に合わせた磨き方やオーバーブラッシングになっていないかなどを知ることができます。
当院では予防歯科の観点から、歯と身体の健康を守るサポートにも取り組んでいますので、気になることがありましたらお気軽にご相談ください。

【関連リンク】

虫歯や歯周病からお口の健康を守る当院の予防歯科についてはこちら
当院へのお問い合わせはこちら

【医院情報】

RYO JIMBO DENTAL 名古屋駅前院
0120-960-013
〒450-0002
愛知県名古屋市中村区名駅4丁目26−9
NEW AG TOWERⅠ12階
※駅近!名古屋駅より徒歩5分
受付時間 10:00~13:00 / 15:00~21:00
祝日休診 土曜・日曜 10:00~13:00 / 15:00~18:30

【本記事の監修】

to top

LINE動線

LINE動線

お電話

ご予約・お問い合わせ

0120-960-013

月~金10:00~13:00/15:00~21:00
土・日10:00~13:00/15:00~19:00
祝日休診