MENU

医療法人9020 RYO JIMBO DENTAL

抜歯後の歯磨き方法と注意点、過ごし方まで歯科医師が詳しく解説|【RYO JIMBO DENTAL 名古屋駅前院】

抜歯後の歯磨き方法と注意点、過ごし方まで歯科医師が詳しく解説

抜歯後の歯磨き方法と注意点、過ごし方まで歯科医師が詳しく解説

こんにちは。
名古屋駅(名駅)から徒歩5分の歯医者【RYO JIMBO DENTAL 名古屋駅前院】です。

親知らずをはじめ、さまざまな理由で抜歯をすることがあります。
その際、抜歯後に歯磨きはしてもいいのか悩む方も少なくないでしょう。

そこで、本コラムでは、抜歯後の歯磨きに関して悩んでいる方に向けて、歯磨きをしてもいいのか、抜歯後の歯磨き方法や注意点について解説します。

抜歯後に歯磨きをしてもよい?

抜歯した後すぐに歯磨きをしていいのでしょうか。
結論からお伝えすると、抜歯後の歯磨きはしても大丈夫です。
むしろ、歯磨きはいつも通りしっかりと行うようにしましょう。

抜歯後は出血しやすい状態ですので、抜歯後の正しい歯磨き方法を実践しながら歯を磨かなければなりません。

もし、歯磨き中に歯茎を縫っている糸が切れて出血が止まらなくなったときは、すみやかに歯科医院に連絡しましょう。
傷がふさがりきってない状態を放置すると、傷口が膿んだり傷の回復が遅くなったりする恐れがあります。

次に正しい抜歯後の歯磨き方法をご紹介するので、しっかりと実践してみてください。

抜歯後の歯磨き方法

抜歯後の正しい歯磨きの方法は、下記の3点です。

  1. 1. 弱い力で磨く
  2. 2. 抜歯した歯茎に歯ブラシが当たらないように磨く
  3. 3. うがいを強くしない

この3つを守れば、あとは通常通りに磨いてかまいません。

出血が心配な方は、抜歯した部分付近に「ワンタフトブラシ」を使用することをおすすめします。
ワンタフトブラシというのは、先端が尖っているブラシです。境目などの細かい部分が磨きやすいため、抜歯部分の歯磨きに適しています。

抜歯後の歯磨きや過ごし方における注意点

抜歯後の歯磨きや過ごし方における注意点はいくつかあります。
どれも重要なポイントとなりますので、ぜひ覚えておいてください。

食べ物が詰まったときの注意点について

食べ物のカスが、歯を抜いたときにできる穴(抜歯窩)に詰まることがあります。
その際に、指で取ろうとしたり、つまようじで掻きだして取ろうとしたりするのは避けましょう。
歯ブラシで取ろうとするのも同様です。

指についている雑菌、つまようじや歯ブラシの刺激によって、化膿する恐れがあります。
穴は内側から徐々に傷が癒えていくため、食べ物のカスが閉じ込められた状態で傷口はふさがりません。
放置するのが最適ですが、どうしても気になる場合は、優しくうがいをして取り除きましょう。

歯磨きの注意点について

先ほど正しい歯磨き方法でお伝えした通り、歯磨きやうがいの力加減は注意点の1つです。
それに加えて、うがいをするタイミングにも注意をしましょう。

うがいができるタイミングは、抜歯後2日目以降です。
抜歯初日は水を口に含ませて吐き出すだけにし、2日目から優しくうがいをするようにします。

うがいは傷口の糸を切ってしまう恐れがあるだけではなく、傷口の蓋となっている血の塊(血餅)が剥がれる恐れもあります。
剥がれることで、下記を引き起こす原因になります。

  • 出血
  • 穴がふさがる期間が遅くなる
  • 歯の表面が露出していることによる痛み

しっかりと早く抜歯の傷口を治すためにも、歯磨きやうがいの方法にはくれぐれも注意しましょう。

アイテムの選び方の注意点について

次に、歯ブラシと歯磨き粉の選び方の注意点について解説します。

歯ブラシは、歯茎への負担を考慮してやわらかい毛を選びましょう。
毛が硬いブラシの使用は、歯茎を傷つきやすくします。

歯磨き粉については、通常通りのものを使用していただいて構いません。
しかし、普段よりも磨きにくいことや、抜歯の傷口を清潔に保つために下記の歯磨き粉が推奨されています。

  • 消毒効果の高い歯磨き粉
  • 低発泡性のジェルの歯磨き粉

抜歯後用の歯磨き粉はないため、上記にあてはまるものであれば、メーカーや商品は問いません。

過ごし方の注意点について

抜歯後の過ごし方は、基本的に安静にすることが大切です。

運動などにより血行が促進されると、傷口の痛みや出血、治癒が遅れる可能性があります。
また、長風呂もおすすめできません。
そのため、できるだけ運動は避け、抜歯当日のお風呂はシャワー、2日目以降の入浴は軽く済ませる程度に留めておきましょう。

まとめ:抜歯後のトラブルは歯科医院へご相談ください

抜歯後の歯磨きは可能ですが、正しい歯磨き方法を実施し、いくつか注意点を守る必要があります。
今回解説したポイントを以下にまとめます。

  • 抜歯後は弱い力で抜歯した歯茎に歯ブラシが当たらないように磨く
  • うがいを強くしない
  • 抜歯後の穴に食べ物が詰まったときは放置または優しくうがいをする
  • うがいができるのは抜歯2日目以降
  • 歯ブラシはやわらかい毛のタイプを使う
  • 歯磨き粉は消毒効果が高いものやジェルタイプを使うのがおすすめ
  • できるだけ安静に過ごし、傷口がスムーズに癒えるように努める

抜歯後には痛みや出血などの、トラブルが起きる恐れがあります。
そのような場合は、すみやかに歯科医院へ相談しましょう。

また、セルフケアについても不明点があれば歯科医師に相談することで、お口と歯を健康に保てます。
RYO JIMBO DENTAL 名古屋駅前院では、予防歯科を軸にさまざまな治療を提供していますので、お気軽にご相談ください。

【関連リンク】

虫歯や歯周病からお口の健康を守る当院の予防歯科
当院のご利用を検討中で初めての方へ
名古屋駅(名駅)から徒歩5分!当院へのアクセス・診療時間
当院へのお問い合わせはこちら

【医院情報】

RYO JIMBO DENTAL 名古屋駅前院
0120-960-013
〒450-0002
愛知県名古屋市中村区名駅4丁目26−9
NEW AG TOWERⅠ12階
※駅近!名古屋駅より徒歩5分
受付時間 10:00~13:00 / 15:00~21:00
祝日休診 土曜・日曜 10:00~13:00 / 15:00~18:30
【医療法人RJDグループ医院】
三重県四日市の歯医者【四日市くぼた歯科・矯正歯科】
※四日市院でもお役立ち歯科コラム配信中!

【本記事の監修】

to top

LINE動線

LINE動線

お電話

ご予約・お問い合わせ

0120-960-013

月~金10:00~13:00/15:00~21:00
土・日10:00~13:00/15:00~19:00
祝日休診