ネット予約

トピックス

歯石取りって?

2018.9.27
こんにちは RYO JIMBO DENTAL の 歯科衛生士です。

以前、ブログで歯石について書かせていただきましたが、
皆さんが「歯石取り」と聞いて思い浮かぶのはどんな処置でしょうか?
一言に歯石取りといっても実は2種類の歯石取りがあります。

        

皆さんが「歯医者さんで歯石取りをしてもらわなきゃ」と思われるのは歯茎の上の目に見える範囲の歯石(専門用語で「歯肉縁上歯石」といいます)を除去しています。お水の出る機械を使って1回か2回で終わる歯石取りの処置です。

もう1種類の歯石取りは、歯茎の中の目に見えない範囲の歯石(「歯肉縁下歯石」)の除去です。患者さん自身の目で確認することは難しいですが、歯科医院で歯周病検査をするとわかります。

歯周病の治療では「歯肉縁下歯石」の除去がとても重要です。
歯茎の中に歯石が付いているとその周囲に新たな細菌が集まってきて、
歯のまわり(「歯周組織」)に腫れや出血などのさまざまな炎症を起こします。

「歯肉縁下歯石」は目には見えないため、専用の器具で時間をかけて除去をしていきます。
今までに一度も、時間をかけた歯石とりをした経験のない方は、ぜひ一度歯周病の検査を受けにいらしてください。



当院では歯石取りの器具を歯科衛生士ごとに色分けをし、個人ごとに研磨などの管理をしています。