MENU

RYO JIMBO DENTAL

名古屋駅の予防歯科・インプラント・矯正専門の歯医者「RYO JIMBO DENTAL」の「次世代タバコ...」のページです。

次世代タバコ

こんにちは、RYO JIMBO DENTALの歯科衛生士です。

先日、喫煙と歯周病についてのセミナーに参加をしてきました。

そこで、現在流行している次世代タバコについての勉強をしてきました。過去のブログにタバコと歯周病の関連性についてはお話させて頂いているので、今回は次世代タバコの種類についてのお話をさせて頂きます。

次世代タバコには加熱式タバコと電気タバコと呼ばれるものがあります。

多くの方がこの二つを混同して使われているのではないでしょうか?

加熱式タバコはIQOSなどで有名ですが、葉巻タバコを火ではなくヒーターで加熱をします。そして加熱される事でエアロゾルと呼ばれる蒸気が発生し、その蒸気を吸っています。加熱式タバコは紙タバコの比べて30度ほど低い温度で加熱されるため、タバコの中に含まれるものとはまた違う有害物質が発生すると言われています。ニコチンの量なども減っているものもあるとは言われていますが、少ないながらも含まれています。また有害物質が紙タバコよりも多く含まれてしまうものもあるそうなので注意が必要です。

次に電子タバコは、葉巻タバコは使われておらず液体をヒーターで加熱し同じように発生したエアロゾルを吸うものを呼びます。現在、日本ではニコチン入りの液体の販売は許可されておらず、未成年でも電子タバコは使用できます。ただ、ニコチンは入ってはいませんがホルムアルデヒドなどの発がん性物質が含まれているものもあり、更にまだ比較的新しい製品の為、長期使用による健康被害ははっきりと分かっていません。

しかし、アメリカでは若者間で電子タバコ使用による死亡事例も出てきており、こちらも安全な新型タバコとは言いづらいようです。

新型タバコは製品によっては紙タバコよりもニコチンの量が減っていたりと良い面もあるようですが、まだ実態はそれ程はっきりしておらず、健康への悪影響がもたらされる可能性は大いにあります。

さらに使用者が吐き出したエアロゾルは周囲に拡散する為、受動喫煙による健康被害の可能性は従来のものと同様にある為、使用場所も今までの紙タバコ同様注意が必要になってきます。

加熱式タバコは紙タバコと同様、歯周病のリスクをあげますので当院では禁煙を患者皆様にお勧めをしています。

 

    

 

to top

お電話

ご予約・お問い合わせ

0120-960-013

10:00~13:00/15:00~21:00(月金は18:30まで)
祝日休診