MENU

医療法人9020 RYO JIMBO DENTAL

歯の表面がザラザラする原因と解消方法!歯石の予防法もご紹介|【RYO JIMBO DENTAL 名古屋駅前院】

歯の表面がザラザラする原因と解消方法!歯石の予防法もご紹介

歯の表面がザラザラする原因と解消方法!歯石の予防法もご紹介

皆さん、こんにちは。
名古屋駅(名駅)から徒歩5分の歯医者【RYO JIMBO DENTAL名古屋駅前院】です。

毎食後しっかりと歯磨きをしているにもかかわらず、舌で触ったときに歯の表面がザラザラしていることが気になるという方は多いです。
また、歯の表面のザラザラは、口臭や歯周病などさまざまな口内トラブルの原因へつながることもあります。

そこで今回の記事では、歯の表面がザラザラする原因とその改善方法や歯石予防法について解説します。

歯の表面がザラザラする4つの原因

歯がザラザラする場合、多くの方は前歯を気にしているのではないでしょうか。

ザラザラする原因はさまざまですが、主なものは4つ。
歯の表面がザラザラする原因や、どのような悪影響があるのかを理解できると対策もしやすくなります。

歯に歯垢が溜まっている

歯の表面がザラザラする原因で一番多いのは、歯垢(しこう)が溜まっている場合です。
歯垢はプラークとも呼ばれ、歯磨きをしたあとの磨き残しによってできます。

このプラークは細菌の塊です。
歯磨きしたてのときは、表面がツルツルしていても、数時間経つとザラザラするという場合は、磨き残しによってできた歯垢が原因かもしれません。

個人差はありますが、食後6~8時間ほどで歯垢はできます。
1グラムあたりの歯垢の中に約1,000億個以上もの細菌が存在しているといわれています。

歯の表面が傷ついている

毎日ていねいに歯磨きをしているつもりでも、歯磨きの仕方によっては歯の表面に傷をつけている場合があります。

研磨剤が入っている歯磨き粉を使っていたり、力を入れた状態で歯磨きをしたりすると、歯の表面にあるエナメル質という組織を傷つけてしまいます。
また、寝ているときの無意識の食いしばり・歯ぎしりも、歯の表面を傷つけてザラザラさせる原因になることがあります。

初期虫歯の症状

虫歯は痛みが出てから気づくことが大半ですが、初期虫歯は痛みもなく見た目からもわかりにくいため、自覚がない場合が多いです。
虫歯になるとエナメル質が溶かされ白濁し、歯の表面がザラザラになってしまうことがあります。

歯が欠けている・溶けている

噛み合わせが悪かったり、硬い物を食べたりすることで歯が欠けてしまい、表面がザラザラする原因になることがあります。

ほかにも、食べ物や飲み物の酸によって歯の表面が溶けてしまうことで歯がザラザラする「酸蝕症(さんしょくしょう)」になっている場合もあります。
清涼飲料水やワイン、クエン酸を多く含む飲み物を日頃から多く摂取することで、歯の表面が溶かされてしまう症状が「酸蝕症」です。

歯のザラザラを予防・改善する方法

歯の表面がザラザラする原因は大きく分けて4つありました。
これらの原因を踏まえて予防や改善する方法を紹介します。

歯のザラザラを解消するセルフケア方法

毎日できるセルフケアのひとつが、歯磨きです。
歯垢が付着しないように、丁寧に歯を磨きましょう。

また、きれいにしたいからといって歯を磨くときに力を入れすぎたり、研磨剤の入った歯磨き粉を使用したりすると、歯の表面を傷つけてしまうこともあります。
歯磨き粉は研磨剤が入っていない「ペーストタイプ」を使い、軽い力で磨くことがおすすめです。

人によって歯並びは異なり、歯ブラシが届きにくいところがあるかもしれません。
一般的に磨き残しや歯ブラシが届きにくい箇所を下記にまとめていますので、歯磨き時の参考にしてみてください。

    • ・歯と歯の間
      ・歯と歯ぐきの間
      ・上あごの奥歯
      ・下あごの前歯の裏側
  • 歯垢はリンやカルシウムが作用して固まると歯石になり、歯の表面がザラザラする原因となります。
    歯垢は、歯に定着してから約48時間で歯石が形成されるといわれています。

    どんなに丁寧に歯磨きをしても完璧に歯垢を取り除くことは難しく、多くの方は歯石ができてしまいます。
    歯垢から歯石になってしまうと、石のように固く歯磨きでは取り除くことができません。

    歯石の中には細菌が含まれ、歯周病や口臭の原因になるばかりでなく、糖尿病や心疾患など全身の疾患の原因にもなります。

    歯のザラザラを解消するプロフェッショナルケア方法

    歯磨きで取り除くことができない歯垢は、歯科医院で使われるスケーラーという専用の機器を使用して取り除くしかありません。

    歯科医院では、歯垢や歯石のクリーニングはもちろん、歯のメンテナンスや歯磨き指導もしています。
    また、自分では気づいていない初期の虫歯を早期治療することも可能です。
    痛みがない場合でも定期的に歯科医院へ通い、プロフェッショナルケアを行なうことで、健康な歯を保つだけでなく身体の健康維持にもつながります。

    まとめ:歯のザラザラが気になったらトラブルのサインかもしれません

    歯の表面がザラザラする4つの原因をまとめました。

    • ・歯に歯垢が溜まっている
      ・歯の表面が傷ついている
      ・初期虫歯の症状
      ・歯が欠けている、溶けている
  • 上記のいずれも、セルフケアだけでは歯の表面のザラザラ感を完全に取り除くことは難しいため、歯科医院でのプロフェッショナルケアがおすすめです。
    ザラザラ感を気にしながらも放置しておくと、歯周病などお口のトラブルにつながる可能性もあります。

    当院では、歯のメンテナンスや検診のご相談も承っており、定期的な検診を通して患者さまの歯の健康をサポートしています。
    毎日しっかりとケアをしているのに歯の表面がザラザラする場合は、お気軽にご相談ください。

    【関連リンク】

    虫歯や歯周病からお口の健康を守る当院の予防歯科についてはこちら
    当院へのお問い合わせはこちら

    【医院情報】

    RYO JIMBO DENTAL 名古屋駅前院
    0120-960-013
    〒450-0002
    愛知県名古屋市中村区名駅4丁目26−9
    NEW AG TOWERⅠ12階
    ※駅近!名古屋駅より徒歩5分
    受付時間 10:00~13:00 / 15:00~21:00
    祝日休診 土曜・日曜 10:00~13:00 / 15:00~18:30

    【本記事の監修】

    to top

    LINE動線

    LINE動線

    お電話

    ご予約・お問い合わせ

    0120-960-013

    月~金10:00~13:00/15:00~21:00
    土・日10:00~13:00/15:00~19:00
    祝日休診