MENU

医療法人9020 RYO JIMBO DENTAL

歯石取りは痛い?治療前後の痛みの対処法や除去のメリット・デメリットを解説|【RYO JIMBO DENTAL 名古屋駅前院】

歯石取りは痛い?治療前後の痛みの対処法や除去のメリット・デメリットを解説

歯石取りは痛い?治療前後の痛みの対処法や除去のメリット・デメリットを解説

皆さんこんにちは。
名古屋駅(名駅)から徒歩5分の歯医者「RYO JIMBO DENTAL 名古屋駅前院」です。

お口の中の健康を保つために、歯石除去はとても大切です。
そもそも歯石とは、プラークと呼ばれる歯についた汚れが唾液に含まれるカルシウムによって石のように固くなってできるものです。
歯石は歯ブラシでは取り除くことができないため、歯科医院で除去をする必要があります。

そんな歯石取りですが、処置中や処置後に痛いイメージがあって不安に感じている方もいるのではないでしょうか?
そこで今回は、歯石除去に伴う痛みやその対処法、処置のメリットやデメリットまで、まとめて解説していきます。

歯石取りは痛い?

痛みを伴うイメージのある歯石取りですが、結論からいうと処置自体に痛みを伴うことはありません。
ただし、お口の中の状態によっては、処置中や処置後に痛みを感じることもあります。

歯石取りで痛みを感じる原因として、次のようなことが挙げられます。

歯茎が腫れている

歯石についている細菌が原因で、歯茎が炎症を起こすことで歯茎が腫れることを歯周病と言います。
歯周病によって歯茎が腫れていると、歯石除去処置の時に痛みを感じることがあります。
日頃から歯ブラシやフロスで丁寧に歯を磨く、ケアをするなどで、歯茎の腫れを抑えておくことが大切です。

歯石の量が多い

歯石はそのままの状態で時間が経つほど量が増えて、より固くなるものです。

量が多くて固い歯石は、それだけ取り除くのが困難になってしまいます。
歯石がやわらかいうちに処置をすると痛みも少ないため、目安として3~4ヵ月に1回のペースで歯石を取るようにしましょう。

歯茎が下がっている

加齢や歯周病によって歯茎が下がると、歯周ポケットに歯石が入り込んでしまいます。

歯の根元は神経が集中しているため、治療の痛みにも敏感になってしまうのです。
歯周ポケットの奥深くにある歯石を取る場合には、歯茎に麻酔を打って歯石除去をすることもあります。

歯石取りの痛みの対処法

お口の中の状態によって痛みを感じることがある歯石取りですが、歯茎の出血や痛みは2~3日で落ち着いてきます。
一時的な痛みではありますが、少しでも痛みに対する不安を取り除いていただけるよう、処置前にやっておくケア方法や、処置後に痛みが起きたときの対処法をご説明します。

処置前のケア方法

処置前のケア方法としては、歯石ができないように毎日のセルフケアが大切になります。

歯磨きを丁寧にすることで、歯茎を良い状態に保つだけでなく、むし歯や歯周病の予防にもつながります。
また、3ヵ月に1回は歯科医院でクリーニングを受けるようにすると、歯ブラシでは届かないようなところも綺麗にすることができるのでおすすめです。

歯茎の腫れが気になっていて、歯石取りの際に痛みが想定されるようであれば、事前に歯科医師へ相談されることを推奨いたします。
処置する歯の本数を調整したり、麻酔をかけて処置をしたり、処置時の対策もありますので、不安なことがあれば相談してみてください。

治療後の対処法

歯石除去後の歯は、歯石に覆われていた所がむき出しになった状態で、冷たいものをはじめ刺激に敏感になっています。
そのため、痛みが治まるまでは辛いものや冷たいもの、炭酸などの刺激物は避けるようにしましょう。

また、歯茎の腫れや出血が気になる場合には、毛が柔らかい歯ブラシで優しくブラッシングするようにしてください。
知覚過敏用の歯磨き粉には、歯の表面への刺激を神経に伝わりにくくする成分が含まれているので、冷たいものがしみるときにおすすめです。

歯石を取るメリットとデメリット

歯石を取るメリットとデメリットとして、次のようなことがあげられます。

歯石取りのメリット

  • むし歯予防や歯周病予防になる

歯石には歯周病菌などの細菌が多くついているので、これを取り除くことによって、 むし歯や歯周病を防ぐことができます。

  • 口臭が改善される

歯石を放置しておくと、歯石に付着している細菌から硫化水素やメチルメルカプタンといった口臭の原因になるガスが放出されます。
また歯石に付着した細菌から歯茎が腫れ、膿が出ることにより臭いが発生することもあります。
歯石を取ることで、これらの口臭トラブルも改善されるでしょう。

  • 歯茎からの出血が治まる

歯茎が腫れていることから、歯磨きのたびに出血している方もいらっしゃるかもしれません。
歯石が取り除かれることで歯茎の腫れが収まり、歯茎からの出血も抑えられるでしょう。

歯石取りのデメリット

  • 処置後に痛みがある

先ほどもご説明したとおり、処置後に痛みを感じることもありますが、その痛みは一時的です。

歯石取りのクリーニングは3ヵ月に1回が理想的です。
毎日の歯磨きだけではなく定期的に歯科医院でクリーニングを受けることで、お口の中の健康を守ることができます。

まとめ:歯石取りに不安がある方、歯石除去後の痛みが引かない方は歯科医院へご相談ください

ここまで歯石取りの痛みについて解説してきたことを、下記にまとめます。

  • 基本的に歯石取りで痛みを伴うことはない
  • お口の中の状態によっては、歯石取りで痛みを感じることがある
  • 処置前のケアや処置後の対処法で、痛みを抑えることができる
  • 歯石取りのメリットとしては、むし歯や歯周病の予防、口臭の改善ができる
  • デメリットとして処置後に痛む可能性もあるが、一時的なものである

歯石の量や歯茎の状態によって痛みは人それぞれですが、長く健康的な歯でいるために歯石除去処置はとても大切です。
また、歯石除去後になかなか痛みが引かなくて困っている方や、歯石取りをしたいけど痛いのではないかと不安な方は、歯科医院にご相談されることを推奨します。

当院では、口腔内から身体の健康を守るための「予防歯科」に重点を置いて治療に 取り組んでいます。
歯石取りをはじめ、お口や歯のことで不安や気になることがありましたら、お気軽にご相談ください。

【関連リンク】

名古屋で選ばれる当院のホワイトニング・審美歯科についてはこちら
当院へのお問い合わせはこちら

【医院情報】

RYO JIMBO DENTAL 名古屋駅前院
0120-960-013
〒450-0002
愛知県名古屋市中村区名駅4丁目26−9
NEW AG TOWERⅠ12階
※駅近!名古屋駅より徒歩5分
受付時間 10:00~13:00 / 15:00~21:00
祝日休診 土曜・日曜 10:00~13:00 / 15:00~18:30

【本記事の監修】

to top

LINE動線

LINE動線

お電話

ご予約・お問い合わせ

0120-960-013

月~金10:00~13:00/15:00~21:00
土・日10:00~13:00/15:00~19:00
祝日休診