MENU

医療法人9020 RYO JIMBO DENTAL

歯に穴が開いてしまった場合の原因や対処・治療法を歯科医院が解説|【RYO JIMBO DENTAL 名古屋駅前院】

歯に穴が開いてしまった場合の原因や対処・治療法を歯科医院が解説

歯に穴が開いてしまった場合の原因や対処・治療法を歯科医院が解説

こんにちは。
名古屋駅(名駅)から徒歩5分の歯医者「RYO JIMBO DENTAL 名古屋駅前院」です。

歯に穴が開くことで、歯磨きのときにひっかかる場合は、お口の中でトラブルがおきているサインです。
放置しておくと痛みを伴うだけではなく、治療に時間がかかることもあるので注意が必要です。

そこで今回は、歯に穴が開いたときの原因と対処法について詳しく解説します。

歯に穴が開く原因

虫歯の進行によって歯に穴が開きます。
歯に穴が開く原因として、次のようなことがあげられます。

  • 磨き残しによって虫歯の原因となる細菌が繁殖する
  • 歯並びや唾液の量によって、細菌が繁殖しやすい環境になっている
  • 食事をしてから歯磨きまでの時間が長い

口の中は普段、アルカリ性になっていますが、虫歯の原因となるミュータンス菌によって酸性となり歯を溶かしてしまいます。
このミュータンス菌は、食べ物が口の中に残っていることで発生します。

食事をしてから歯磨きまでの時間が長かったり磨き残しがあったりすると、このミュータンス菌が発生しやすくなります。
これが虫歯の始まりであり、歯に穴が開いてしまう原因となるのです。

虫歯で歯に穴が開いた場合の対処法

虫歯によって歯に穴が開いてしまった場合には、虫歯の進行状況に合わせた対処が必要になります。
虫歯が進行していると、痛みを伴うだけではなく治療にも時間がかかるので早めに対処することが大切です。

エナメル質に穴が開いている場合

歯の表面であるエナメル質に穴が開いている場合は、虫歯の初期症状で痛みを感じにくい状態です。
この場合、虫歯の部分を取り除いて「コンポジットレジン」というプラスチック素材を詰めます。
麻酔を使う必要もなく、一度の治療で完了するので負担の少ない治療法です。

象牙質まで穴が開いている場合

エナメル質の下にある象牙質にまで虫歯が進行していると、冷たいものがしみるようになります。
この場合も、エナメル質に穴が開いているときと同様コンポジットレジンでの詰め物をします。しかし症状に応じて麻酔を併用することもあります。

虫歯が神経まで達している場合

さらに虫歯が進行し、歯の神経まで達している場合には麻酔をして虫歯の部分を取り除いたあと、歯の神経も取り除く処置が必要です。
膿が溜まって炎症を起こさないように神経があった管を消毒する処置も必要になります。
神経の治療をしたあとには、銀歯やセラミックの被せ物をします。

歯根だけ残っている場合

かなり虫歯が進行して歯根だけが残っている場合は、歯の神経まで虫歯が進行しているので痛みも感じにくい状態です。
ですが細菌に感染することで神経に膿が溜まり、痛みを起こすことや健康状態に影響を及ぼすことがあるので早急に治療する必要があります。
できるだけ歯を残すように治療していきますが、虫歯の範囲が大きかったり歯が割れていたりする場合、歯を残す治療が難しいので抜歯する場合もあります。

虫歯で歯に穴が開く前の予防法

虫歯によって歯に穴が開いてしまうのを防ぐためには、毎日しっかりと歯磨きをして磨き残しをなくすことと、虫歯ができていないかセルフチェックしておくことが大切です。
磨き残しによって虫歯ができやすい場所としては、

  • 奥歯の噛み合わせ
  • 歯と歯の間
  • 歯と歯茎の境目
  • 詰め物や被せ物の間

などがあげられます。

一本一本丁寧に磨くようにすることで、磨き残しによる虫歯の発生を防ぐことができます。
また虫歯ができていないか、自分で日頃からチェックすることも大切です。
チェックするポイントとして、

  • 歯の溝が黒ずんでいないか
  • 歯の表面がざらついていないか
  • 冷たいものがしみないか
  • 歯に艶がなく、白く濁っていないか

などがあります。日頃から歯磨きのときに鏡を見るようにしましょう。

その他にも虫歯を防ぐ予防法として、歯科医院で定期健診を受けることやフッ素塗布をしてもらう方法もあります。
歯科医院で診てもらうことで、痛みを感じる前の初期段階の虫歯を見つけることができます。

まとめ:歯に穴が開いたらすぐに歯科医院へご相談ください

ここまでの内容を簡単にまとめると、次のようになります。

  • 虫歯が進行することで歯に穴が開く
  • 虫歯の進行状況によって治療法が変わる
  • 虫歯で歯に穴が開くことを防ぐには、毎日の歯磨きやセルフチェック、歯科医院での定期健診が大切

穴が小さい段階では、痛みも感じにくいので気づかない場合もあるかもしれません。
ですが虫歯が進行すると痛みを伴うだけではなく、治療に時間や費用がかかることもあります。
日頃から歯の状態をチェックして、気になる所があれば早めに歯科医院を受診することが大切です。

当院では、歯に穴が開く以前の予防歯科の観点から、歯とお口の健康を守ることに力をいれております。
虫歯による歯のお悩みなど、気になることがあればいつでもお気軽にご相談ください。

【関連リンク】

虫歯や歯周病からお口の健康を守る当院の予防歯科についてはこちら
当院へのお問い合わせはこちら

【医院情報】

RYO JIMBO DENTAL 名古屋駅前院
0120-960-013
〒450-0002
愛知県名古屋市中村区名駅4丁目26−9
NEW AG TOWERⅠ12階
※駅近!名古屋駅より徒歩5分
受付時間 10:00~13:00 / 15:00~21:00
祝日休診 土曜・日曜 10:00~13:00 / 15:00~18:30

【本記事の監修】

to top

LINE動線

LINE動線

お電話

ご予約・お問い合わせ

0120-960-013

月~金10:00~13:00/15:00~21:00
土・日10:00~13:00/15:00~19:00
祝日休診