MENU

医療法人9020 RYO JIMBO DENTAL

インプラント治療の麻酔について|全身麻酔は必要?静脈鎮静法などを解説|【RYO JIMBO DENTAL 名古屋駅前院】

インプラント治療の麻酔について|全身麻酔は必要?静脈鎮静法などを解説

インプラント治療の麻酔について|全身麻酔は必要?静脈鎮静法などを解説

皆さんこんにちは。
名古屋駅(名駅)から徒歩5分の歯医者「RYO JIMBO DENTAL 名古屋駅前院」です。

インプラント治療を検討した際、治療法を調べると全身麻酔という文字が出てきて不安を感じたことはないでしょうか。
本コラムでは、どうして麻酔が必要なのかという疑問や不安を感じた方に向けて、インプラント治療と全身麻酔について詳しく解説しています。

インプラント治療に全身麻酔は必要?

一般的なインプラント治療で使用するのは局所麻酔で、全身麻酔はあまり使用しません。

また、歯科治療においては静脈内鎮静法が用いられることがあります。
静脈内鎮静法は、一般的な全身麻酔とは異なり、入眠前のうとうととした感覚に近く、意識はあります。

インプラント治療で静脈内鎮静法を使う場合

口腔内の状態が著しく悪く、複数の歯を一度にインプラント治療する場合や、心身状態によっては静脈内鎮静法を使うことがあります。
また、患者さま自身の希望によって静脈内鎮静法を使用することもあります。

静脈内鎮静法を使用する主な目的としては、以下のケースが挙げられます。

  • 口腔内の状況が悪く、痛みが強いと予測できる場合の負担を和らげるため
  • 「手術されている」という不安や緊張を拭うため
  • 過去に歯科治療で怖い思いをして治療ができない方のため
  • 嘔吐反応が強い場合、治療を良好に行うため
  • 高血圧の方の場合ストレスを軽減し、血圧を安定させるため

局部麻酔で十分なインプラント治療であっても、手術中に意識がはっきりしているため口の中で行われていることや音などが明確にわかり、不安感を抱いてしまう場合があります。
インプラント治療で静脈内鎮静法を使うのは、痛みを軽減するだけではなく患者さまの不安を取り除くためでもあるのです。

インプラント治療中の麻酔

インプラント治療中に用いられる麻酔は、「局所麻酔」と「静脈内鎮静法」の2種です。
「局所麻酔」と「静脈内鎮静法」のメリット・デメリットについてご説明します。

局所麻酔について

インプラント治療では、一般的に局所麻酔が使用されます。
インプラント治療以外にも歯科治療で多く使用されるのが局所麻酔です。

局所麻酔のメリット
  • 意識が明確な状態で手術を受けることが可能
局所麻酔のデメリット
  • 治療中の音や感覚がある
  • 不安や緊張を感じやすい
  • 治療時間が長く感じられる

静脈内鎮静法について

静脈内鎮静法は、点滴によって鎮静剤や麻酔薬を投与する方法です。
一般的な全身麻酔とは異なり、意識はあり、うとうとした眠りに入る前のようなリラックスした状態を保ちます。
静脈内鎮静法には鎮痛作用がないため、局部麻酔と併用します。

静脈内鎮静法のメリット
  • 血圧や心拍数を安定できる
  • 不安感や恐怖心、緊張を拭える
  • 治療時間が短く感じられる
  • 自発呼吸が可能なので入院は不要
静脈内鎮静法のデメリット
  • インプラントの術後、車の運転ができない
  • 当日は安静に過ごす必要がある
  • 別途費用が発生する

静脈内鎮静法のQ&A

インプラントで用いられる静脈内鎮静法についてよくある質問をQ&A方式で解説します。

Q.静脈内鎮静法の副作用やリスクはある?

静脈内鎮静法で使用される代表的な薬剤には「ミダゾラム(ドルミカム)」と「プロポフォール」があります。
静脈内鎮静法でこれらの薬剤が使用される場合は、副作用のリスクが考えられるため、静脈内鎮静法が使えないことがあります。
詳しくは歯科医院へお問い合わせください

一般的には、静脈内鎮静法自体に大きなリスクや副作用はないといえます。
大切なのは、インプラント治療前の問診でささいなことと自己判断せず、既往歴などを詳しく伝えておくことです。

Q.静脈内鎮静法の費用は?

インプラント治療において静脈内鎮静法を選択した場合、保険適用外になります。

自由診療の場合の料金は、歯科医院によって異なるため問診時や治療を受ける前にしっかりと確認しておくとよいでしょう。

まとめ:インプラント治療の麻酔や痛みが不安な方は当院までご相談ください

今回は、インプラント治療の麻酔と静脈内鎮静法についてお伝えしました。
インプラント治療を受けるにあたって、「手術」「麻酔」という言葉から痛みに対する不安や疑問があった方の参考になれば幸いです。
ここまでご説明したことをまとめると以下の通りになります。

  • 一般的なインプラント治療では、基本的に局所麻酔を使用する
  • 静脈内鎮静法は痛みを軽減するだけではなく、不安を取り除くために使用される
  • 基本的に静脈内鎮静法の副作用やリスクはないが、全身疾患によっては使えないこともある
  • 静脈内鎮静法を選択した場合は、保険適用外になる

インプラント治療は手術を伴い、麻酔を使うため痛みに関する不安をお持ちの方も多くいます。
不安や治療に関する疑問があれば、遠慮せずに歯科医院へ相談しましょう。

また、RYO JIMBO DENTAL 名古屋駅前院では、インプラントの無料カウンセリングを行っております。
患者さまの不安や疑問を解消した上でインプラント治療をご提供しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

【関連リンク】

名古屋で選ばれる当院のインプラント治療
当院へのお問い合わせはこちら

【医院情報】

RYO JIMBO DENTAL 名古屋駅前院
0120-960-013
〒450-0002
愛知県名古屋市中村区名駅4丁目26−9
NEW AG TOWERⅠ12階
※駅近!名古屋駅より徒歩5分
受付時間 10:00~13:00 / 15:00~21:00
祝日休診 土曜・日曜 10:00~13:00 / 15:00~18:30
【医療法人RJDグループ医院】
三重県四日市の歯医者【四日市くぼた歯科・矯正歯科】
※四日市院でもお役立ち歯科コラム配信中!

【本記事の監修】

to top

LINE動線

LINE動線

お電話

ご予約・お問い合わせ

0120-960-013

月~金10:00~13:00/15:00~21:00
土・日10:00~13:00/15:00~19:00
祝日休診