MENU

医療法人9020 RYO JIMBO DENTAL

歯のホワイトニング|種類や費用、メリット・デメリットまとめて解説|【RYO JIMBO DENTAL 名古屋駅前院】

歯のホワイトニング|種類や費用、メリット・デメリットまとめて解説

歯のホワイトニング|種類や費用、メリット・デメリットまとめて解説

こんにちは。
名古屋駅(名駅)から徒歩5分の歯医者【RYO JIMBO DENTAL 名古屋駅前院】です。

白い歯に憧れ、ホワイトニングを検討している方は多いのではないでしょうか。
歯が白いと笑顔にも自信が持て、生活にも良い影響を与えてくれます。
そこで本コラムでは、歯の美しさを際立たせるために有効な「ホワイトニング」にについてご紹介します。

ホワイトニングとは

着色汚れなどによる「歯の黄ばみを白くする」ことを「ホワイトニング」といいます。
ホワイトニングの方法には、以下の3つがあります。

  • 過酸化尿素や過酸化水素といった成分を使用し、着色汚れを分解して白くする方法
  • セラミックを被せて白くする方法
  • ステインを除去する方法

中でも、ホワイトニング成分である過酸化水素は、体内に長時間かつ高濃度で残ると組織を壊死させる恐れがあるため、患っている病気や体質によっては施術ができない場合もあります。

以下で、詳しくホワイトニングを受けられない方または要相談の方をご紹介します。

外的要因とは

外的要因は、食べ物や飲み物や歯科治療など体外からの影響のことを指します。
具体的な外的要因は下記と通りです。

ホワイトニングを受けられないまたは要相談の方

ホワイトニングを受けられない方に該当するのは以下の通りです。

  • 妊娠中および授乳中の方
  • 無カタラーゼ症の方

また、相談が必要な方は以下となります。

  • 歯の神経の治療済みの方
  • 詰め物をしている方

これらに該当する方は効果が実感しにくいだけでなく、歯や体の健康リスクも伴います。

妊娠中および授乳中の方

妊娠中および授乳中の方は、ホワイトニングをおすすめできません。
ホワイトニングに使用する薬剤や施術が、妊婦や胎児に与える影響が明確になっていないためです。
安全性を保障できないため、ホワイトニングは推奨できません。

無カタラーゼ症の方

無カタラーゼ症の方は、ホワイトニングの施術を受けることができません。
カタラーゼとは、過酸化水素を酸素と水に分解し無毒化する酵素で、タンパク質の一種です。
無カタラーゼ症の方は、ホワイトニングに使用される薬剤である過酸化水素を分解できず、壊死のリスクが上がるため、安全性を保障できません。

無症状なため、普段の生活で気づくことは難しいですが、歯周ポケットにオキシドールを1滴たらして泡立たなければ、無カタラーゼ症の疑いがあると判断できます。

詰め物・被せ物をしている方

詰め物や、被せ物をしている方は相談が必要です。
詰め物や被せ物は、ホワイトニングの効果を得られないため、ホワイトニングの施術後、本来の歯との色の差ができてしまいます。
詰め物に色を合わせるかどうか、歯科医師と相談しましょう。

歯の神経が機能しなくなっている方

歯の神経が死んでしまっている方は、要相談です。
神経が生きている歯と死んでいる歯とでは、ホワイトニング施術の方法が異なります。
十分な効果を得るためにも、前もって歯科医師と施術の方針を相談しましょう。

ホワイトニングの注意点

どのホワイトニング方法であっても、共通の注意点があります。

ホワイトニング後は、できるだけステインが付きやすい「赤ワイン」や「カレー」などの飲食物を避けなければなりません。
それらを摂取することで、歯の色が元の色に戻りやすくなってしまうためです。

もし摂取した場合は、できるだけ早く、歯磨きや洗口液でステインを洗い流しましょう。
ステイン対策のアイテムを使うとより効果的です。

ホワイトニングの種類

ホワイトニングの種類は以下の3つです。

  • ホームホワイトニング
  • オフィスホワイトニング
  • デュアルホワイトニング

それぞれの特長とメリット・デメリットをご紹介します。

ホームホワイトニングの特長

ホームホワイトニングは、名称のとおり家で行うホワイトニング方法です。
マウスピースと専用の薬剤を用意し、光をあてて自然な白い歯を目指します。

ホームホワイトニングは、2週間程度で効果が出はじめますが、歯の白さのレベルにより完了するまでには2か月ほどかかります。
また、期間をかけてゆっくりホワイトニングを行うため、一度白くなると長期間その状態を保ちやすい傾向にあります。

ホームホワイトニングのメリット
  • 自然な歯の白さを手に入れられる
  • 好きなタイミングでホワイトニングができる
  • 効果が長期間持続する
ホームホワイトニングのデメリット
  • 効果を得るまでに期間がかかる
  • ホワイトニング後はステインが付きやすいため食事制限が必要

ホームホワイトニングは以下の方におすすめです。

  • 効忙しくホワイトニング治療の時間がとれない方
  • 自然な白い歯を目指したい方
  • 長期間効果を持続させたい方

オフィスホワイトニングの特長

歯科医院に通うホワイトニング方法です。
過酸化水素や過酸化尿素を使用してホワイトニング施術を行います。

高濃度な薬剤を使用するため、1回の施術で白さを実感する方が多い傾向にあります。
元の歯の色や目指す白さのレベルにより変動しますが、一般的には3〜6回程度通院します。
また、短期間で効果を得られる分、白さの持続期間も短期間となる恐れがあります。

オフィスホワイトニングのメリット
  • 短期間でホワイトニング効果を得られる
  • 歯科医師や歯科衛生士に施術してもらうため色ムラの心配がほとんどない
  • 施術中にしみるなどの症状が出た場合、適切な処置が受けられる
オフィスホワイトニングのデメリット
  • 効果持続時間が短い場合がある
  • ホワイトニング剤の濃度が高いため歯がしみる場合がある
  • ホワイトニング後はステインが付きやすいため食事制限が必要

オフィスホワイトニングは以下の方におすすめです。

  • 短期間でホワイトニング効果を得たい方
  • 色ムラが心配でご自身でのホワイトニングは避けたい方

デュアルホワイトニングの特長

ホームホワイトニングと、オフィスホワイトニングを併用するホワイトニング方法です。
短期間で効果を得られるオフィスホワイトニングのメリットと、長期間効果を持続させられるホームホワイトニング、両方のメリットを兼ね備えています。

一般的には、「オフィスホワイトニング1回→ホームホワイトニング2週間」の流れを2セット行います。

デュアルホワイトニングのメリット
  • 原則通院は2回のみで済む
  • 短期間で効果が得られる
  • 効果の持続期間が長い
デュアルホワイトニングのデメリット
  • ホワイトニング方法が2種類のため費用がかさむ
  • 薬剤の使用頻度が高いため知覚過敏になりやすい

このように、デュアルホワイトニングは、短期間で効果を得て長く継続させたい方におすすめの方法となっています。

ホワイトニングにかかる期間・費用

ホワイトニングにかかる期間と費用の比較表を作成しましたので、ぜひ参考にしてください。
※口腔内の状態により個人差があります。

種類期間費用
ホームホワイトニング約2週間一般歯科

(約2万円~約4万円)

ホワイトニング専門歯科

(約1万5千円~約3万5万円)

オフィスホワイトニング約3週間一般歯科

(約3万円~約5万円)

ホワイトニング専門歯科

(約5千円~約3万円)

まとめ:ホワイトニングをご検討中の方は歯科医院へご相談ください

今回は、歯のホワイトニングの種類や方法、費用などについてご紹介しました。
解説してきた内容を以下にまとめます。

  • ホワイトニングとは着色汚れなどによる「歯の黄ばみを白くする」こと
  • 患っている病気や妊娠などにより、施術を受けられるか相談が必要
  • ホワイトニングにはホーム、オフィス、デュアルの3種類がある
  • 費用や施術期間は個人差がある

ホワイトニング施術は口腔内の環境により異なるため、安心してホワイトニングを行うには歯科医師と相談のうえ進めることが大切です。

RYO JIMBO DENTAL 名古屋駅前院では、歯の美しさと健康を長くお守りするために一人ひとりに合わせたホワイトニング施術をご提案します。
ホワイトニングの施術だけでなく、丁寧な施術後のメンテナンスも提供しておりますので、気になることがありましたら、いつでもご相談ください。

【関連リンク】

名古屋で選ばれる当院のホワイトニング
当院のご利用を検討中で初めての方へ
名古屋駅(名駅)から徒歩5分!当院へのアクセス・診療時間
当院へのお問い合わせはこちら

【医院情報】

RYO JIMBO DENTAL 名古屋駅前院
0120-960-013
〒450-0002
愛知県名古屋市中村区名駅4丁目26−9
NEW AG TOWERⅠ12階
※駅近!名古屋駅より徒歩5分
受付時間 10:00~13:00 / 15:00~21:00
祝日休診 土曜・日曜 10:00~13:00 / 15:00~18:30
【医療法人RJDグループ医院】
三重県四日市の歯医者【四日市くぼた歯科・矯正歯科】
※四日市院でもお役立ち歯科コラム配信中!

【本記事の監修】

to top

LINE動線

LINE動線

お電話

ご予約・お問い合わせ

0120-960-013

月~金10:00~13:00/15:00~21:00
土・日10:00~13:00/15:00~19:00
祝日休診