MENU

医療法人9020 RYO JIMBO DENTAL

抜歯後のインプラント|治療可能かや最適なタイミングについて解説|【RYO JIMBO DENTAL 名古屋駅前院】

抜歯後のインプラント|治療可能かや最適なタイミングについて解説

抜歯後のインプラント|治療可能かや最適なタイミングについて解説

こんにちは。
名古屋駅(名駅)から徒歩5分の歯医者【RYO JIMBO DENTAL 名古屋駅前院】です。

なんらかのトラブルにより歯を失った場合、歯が抜けた状態をそのまま放置しておくことは、口の中の機能低下や体全体の健康に影響を及ぼすことがあるため、好ましくありません。
歯を失うことにより起こる機能低下を回復させるためには、インプラント治療が有効です。

ところで、歯を失った(抜歯した)後のインプラント治療は、誰でも受けられるのでしょうか。
また、抜歯後何年か経った後でも、インプラント治療はできるのでしょうか。
インプラント治療といっても、どのような流れで進められていくのか、気になる方もいらっしゃると思います。

そこで本コラムでは、抜歯(歯が抜けた)後のインプラント治療について、手術を行うのに適したタイミングや一般的な手術の進め方、抜歯後に時間が経っていてもインプラント治療が可能なのかなど、さまざまな疑問にお答えします。

抜歯後にインプラント治療を行う最適なタイミング

抜歯後にインプラント治療を行うタイミングには、抜歯後にすぐインプラントを埋入する「抜歯即時埋入法」と、抜歯後に一定の期間を空けてからインプラント治療を行う「抜歯待時埋入法」の2通りがあります。

抜歯後にすぐインプラント治療を行う「抜歯即時埋入法」

「抜歯即時埋入法」とは、抜歯した後に土台となる骨周辺を洗浄、消毒を行い、すぐにインプラントを埋入する方法です。
本来、抜歯後のインプラントには、感染リスクを減らすために歯肉や骨が治癒する期間を設けることが必要でした。

しかし、現在は歯科技術が進化し、ある一定の条件を満たせば、抜歯後にインプラント治療を行えるようになっています。

抜歯後に一定の期間を空けてインプラント治療を行う「抜歯待時埋入法」

「抜歯待時埋入法」とは、抜歯後に一定期間を空けてインプラント治療を行う方法です。
従来、抜歯後のインプラント治療はこの「抜歯待時埋入法」が行われてきました。

抜歯後の口の中は、傷口が開いていて感染リスクが高い上に、歯周病やケガなどでインプラント治療が可能になる歯茎や骨の土台ができていないことがあります。
「抜歯待時埋入法」は、抜歯後に一定の期間を空けてインプラント治療に十分な土台を作り、インプラントを確実に埋入する方法です。

抜歯後にインプラントを入れる方法

抜歯後にインプラントを入れる方法には、先述の通り以下の2通りがあります。

  • 抜歯即時埋入法
  • 抜歯待時埋入法

これらの治療法は、口の状態により受けられる場合と受けられない場合があります。
また、それぞれにメリットやデメリットがあります。

ここでは、それぞれのインプラント治療の特長と、受けられる条件などについてご紹介します。

抜歯即時埋入法の特長

抜歯即時埋入法の最大のメリットは、外科的手術が1回で済むことです。
また、治療期間が短くなるため、治療を受ける患者さんの精神的・肉体的負担を減らせます。

一方で、デメリットには患者さんの口の状態や、歯科医師の技術力により対応できないケースがあることです。
また、インプラントを入れる際の取り扱いメーカーは歯科医院によって異なりますが、まれに抜歯即時埋入法に対応していないメーカーのものがあるため、扱うメーカーが限られます。

抜歯即時埋入法のメリット
  • 1度の外科手術で終了し治療期間が短縮できるため、患者様本人の精神的・肉体的負担が少ない
  • 歯がない期間がないので、見た目を損なうなど審美的な問題がない
  • 抜歯した部分の骨が痩せにくい
抜歯即時埋入法のデメリット
  • 口の中が一定の条件(埋入するための骨に十分な厚みがある、周辺の歯に歯周病や虫歯がない、顎骨に大きな欠損がない)が揃わないと、手術が受けられない
  • 抜歯待時埋入法より感染リスクは高く、万が一感染が起こった場合は治療期間が延びる場合がある
  • 歯科医師にも高度な技術が必要となるため、治療が受けられる歯科医院が限られている
  • 対応できるインプラントシステムがある程度限られている

抜歯待時埋入法の特長

抜歯待時埋入法とは、抜歯によって開いた傷口の回復を待ち、その後インプラントを埋め込む方法です。
治療に一定の期間はかかるものの、顎の骨や歯茎が損傷していてもインプラント治療を行えるのが最大のメリットです。
また、傷口の回復を待ってから治療を行うため、感染のリスクを最小限に留めることができます。

抜歯待時埋入法のメリット
  • 土台が十分回復してからインプラントを埋め込むため、理想の位置に埋めやすい
  • 治療の適応範囲が広い
  • 傷口の回復を待ってから埋入するため、感染リスクを最小限に留めることができる
抜歯待時埋入法のデメリット
  • 傷口の回復を待つため、全体の治療期間が長くなる
  • 外科的手術が2回必要になり、患者様本人の肉体的・精神的負担が増える
  • 一定期間歯がないため、審美的な問題がある

抜歯後のインプラント治療の流れ

では、抜歯後はどのような流れでインプラント治療が行われるのでしょうか。
ここでは抜歯即時埋入法、抜歯待時埋入法に分けて、それぞれのおおまかな流れをご紹介します。

抜歯即時埋入法の治療の流れ

抜歯即時埋入法は1回の治療で、抜歯からインプラントの埋入まで行う方法です。
一般的に以下のような流れに沿って手術が行われます。

  • 治療の対象となる歯を抜歯し、歯を抜いた箇所をドリルで整え、そのままインプラントを埋入する
  • 埋入したインプラント部分に、必要に応じて人工骨や自家骨で補填する(埋入したインプラントを約3~5か月の期間を経て、骨と結合させる)
  • インプラントと骨の確認後、歯肉の回復を早めるために、メスを用いて手術部位の歯肉からインプラントの頭部分を露出させ専用キャップを装着する
  • 仮歯を装着し、歯肉の形が整い、嚙み合わせや見た目を確認したら、最終的なかぶせ物をして完了

抜歯待時埋入法の治療の流れ

抜歯待時埋入法は抜歯後、一定の期間を空けてから埋入する方法です。

  • 治療の対象となる歯を抜歯する(約3~8か月、抜歯した穴が埋まるまでの様子をみます)
  • 抜歯した部位にある骨がきちんと回復したことを確認し、インプラント埋入手術を行う。必要に応じて、人工骨や自家骨を補填する(埋入したインプラントを約3~5か月の期間を経て、骨と結合させる)
  • インプラントと骨を結合させた後は抜歯即時埋入法と同様の流れとなり、歯肉の回復を促すために歯肉を切開し、インプラントに専用キャップを取り付け、最終的に歯肉の形や噛み合わせの確認後、かぶせ物をして完了

抜歯後のインプラントに関するQ&A

ここでは、抜歯後のインプラント治療について、よくある質問についてまとめてみました。

抜歯後から数十年経っていてもインプラント治療は可能でしょうか

抜歯後、数十年経ったとしてもなんらかの処置を行えば、インプラントを入れられるケースが大半です。

ただし口の中の状態により、インプラントを入れる前の処置方法は変わります。
たとえば、歯が抜けてから長い間放置していた場合、抜けた歯の隣の歯が傾いている、対合となる歯が伸びてきている、噛み合わせが悪くなっていることもあり、一人ひとりのお口の中の状態に合わせて対応します。

手術中痛くないかが心配です

手術中は痛みを感じないように、麻酔を使用しますのでご安心ください。
しかし痛みには個人差がありますので、手術中の不安や心配事は、インプラント治療専門の歯科医師にその旨を相談することを推奨いたします。

まとめ:抜歯後のインプラント治療を検討中の方は歯科医院へご相談ください

ここまで抜歯後のインプラント治療について解説してきました。
今回の内容を改めてまとめます。

  • 抜歯後のインプラント治療は、抜歯後にインプラントをすぐに埋入できる「抜歯即時埋入法」と、一定の期間を空けて埋入する「抜歯待時埋入法」の2通りがある
  • どちらのインプラント治療にもメリット・デメリットがあるが、どちらを選択できるかは口の中の状態や歯科医院によって異なる
  • 抜歯後に時間が経っていても、処置を受けることでインプラント治療を受けられるケースが多い
  • まずは納得できるインプラント治療の実績がある歯科医院を見つけることが大切

抜歯後のインプラント治療は対応できるケースが大半ですが、患者様のお口の状態によって事前の処置や選択できる手術方法が変わります。
また、インプラント治療には、さまざまなお悩みや不安がつきものです。
まずは信頼できる歯科医院に相談してみましょう。

RYO JIMBO DENTAL 名古屋駅前院では、無料カウンセリングから治療、治療後のアフターケアまで、インプラントを入れて終わりではなく、歯の美しさと健康を守るためのインプラント治療を提供しています。
歯と健康を考える方にとって、心から信頼していただける歯科医院を目指して治療を提供していますので、まずは気軽にご相談ください。

【関連リンク】

名古屋で選ばれる当院のインプラント治療
名古屋で選ばれる当院のインプラント周囲炎治療
当院のご利用を検討中で初めての方へ
名古屋駅(名駅)から徒歩5分!当院へのアクセス・診療時間
当院へのお問い合わせはこちら

【医院情報】

RYO JIMBO DENTAL 名古屋駅前院
0120-960-013
〒450-0002
愛知県名古屋市中村区名駅4丁目26−9
NEW AG TOWERⅠ12階
※駅近!名古屋駅より徒歩5分
受付時間 10:00~13:00 / 15:00~21:00
祝日休診 土曜・日曜 10:00~13:00 / 15:00~18:30
【医療法人RJDグループ医院】
三重県四日市の歯医者【四日市くぼた歯科・矯正歯科】
※四日市院でもお役立ち歯科コラム配信中!

【本記事の監修】

to top

LINE動線

LINE動線

お電話

ご予約・お問い合わせ

0120-960-013

月~金10:00~13:00/15:00~21:00
土・日10:00~13:00/15:00~19:00
祝日休診