MENU

医療法人9020 RYO JIMBO DENTAL

矯正治療で歯を抜く必要はある?抜歯矯正と非抜歯矯正について

矯正治療で歯を抜く必要はある?抜歯矯正と非抜歯矯正について

矯正治療で歯を抜く必要はある?抜歯矯正と非抜歯矯正について

皆さんこんにちは。
名古屋駅(名駅)から徒歩5分の歯医者「RYO JIMBO DENTAL 名古屋駅前院」です。

歯の矯正治療を検討したとき、抜歯が必要かどうかということは気になるところです。
誰でも、できることなら抜歯をせずに済ませたいと思いますし、健康な歯を抜くのは躊躇するものでしょう。

矯正歯科治療には、健康な歯を抜く抜歯矯正と抜かない非抜歯矯正があります。

この記事では、矯正治療において抜歯する必要性の有無や、「抜歯矯正」と「非抜歯矯正」それぞれのメリット・デメリットを解説します。

矯正治療で抜歯が必要な場合と不要な場合

顎の大きさ、歯の大きさ、口元、お口の状態などの条件は患者さま一人ひとり異なるものです。
そのため、それぞれの患者さまに適した治療方針を選択することになります。

もちろん、基本は「できるだけ歯を残して治療する」ことを重視します。
ただ、歯を残すことが患者さまのためにならない場合には、抜歯の必要性を説明した上で矯正治療をお勧めすることになるでしょう。

ではどういった場合に矯正治療で抜歯が必要なのか、また不要なのかをご説明します。

抜歯矯正

矯正治療で抜歯を実施する最大の目的は、歯を並べるスペースを確保することです。

歯の大きさに対して顎の大きさが狭いと、歯が並ぶスペースが足りないため歯が不揃いに並んでしまいます。
また、前歯の前突や口唇閉鎖不全を改善するため、前歯を引っ込めたい症例もあります。

このように、抜歯処置は歯と顎のバランスを保ちつつ、整った歯並びにするためには有効な手段だと言えます。

顎の大きさに比べて歯が大きい場合

現代人の食生活では柔らかい食べ物を摂ることも多く、そのため顎も小さくなる傾向があります。

顎の歯が並ぶスペースに対して歯が大きい場合、歯が収まりきらずに歯並びはデコボコな状態になってしまいます。
その状態で無理やり矯正をすると、歯茎が下がったり、噛み合わせに支障が出たりするため注意が必要です。

上下の顎のズレが大きい場合

上顎と下顎の位置のズレが大きいと、噛み合わせや歯並びに大きな問題が出てきます。
ズレを治療する方法として外科手術がありますが、手術は避けたいという方もいらっしゃると思います。

抜歯によってスペースを空けることで、大きく歯を移動させることができるため、手術なしで歯列矯正が可能となります。

口元が突出している場合

突出した口元は口唇閉鎖不全や口呼吸の原因にもなるため、矯正治療計画を立てる上で重視する項目の一つです。
前歯をどの程度後方に移動する必要があるのかを検討し、それに必要なスペースを抜歯して作ることができれば、口元の突出を改善することができます。

非抜歯矯正

非抜歯矯正には、大きく3つの方法があります。

奥歯を移動する方法

この方法に関しては、親知らずは抜歯し、親知らず以外の歯は抜歯しないという認識が良いでしょう。
親知らずを抜くことによって、奥歯をうしろに移動させるためのスペースができます。

その上で矯正装置により奥歯をうしろに移動させて、その他前方の歯が収まるだけのスペースを得ることができます。

歯列の幅を拡張する方法

歯は歯槽骨というU字型の骨の上に生えています。
その歯槽骨の上部の幅を広げることによって、歯を十分に並べるだけのスペースを作り出します。

基本的には、成長過程にある子どもに効果的な治療法です。
広げる幅はわずかであるため、顔の輪郭が大きくなるなどの心配はありません。

歯を削ってスペースを作る方法

歯の表面にあるエナメル質をわずかに削ってスペースを作り出します。
削った側面はフッ素コートを施して虫歯の原因とならないように処置します。

「抜歯矯正」と「非抜歯矯正」のメリット・デメリット

「抜歯矯正」のメリット

  • 確実な歯列矯正が可能です。
  • 上下の歯のバランスも口元のバランスも良くなります。
  • 歯並びを理想的な形に整え、フェイスラインをきれいに整えることができます。

 

「抜歯矯正」のデメリット

  • 健康な歯を抜く必要があります。
  • 歯を抜くことへの精神的な負担があります。
  • 矯正後にスペースが余って歯と歯の間に隙間が残ることがあります。

 

「非抜歯矯正」のメリット

  • 健康な歯を失わずに済みます。
  • 健康な歯をできるだけ残しておくと、将来的に虫歯や怪我などで歯を失うことになった場合にも治療方法の選択肢が広がります。

 

「非抜歯矯正」のデメリット

  • 歯茎が下がってくる可能性があります。
  • 歯列矯正の期間が長くかかってしまいます。
  • 顎を拡大しすぎて奥歯がしっかり噛み合わないといった問題が起こる可能性があります。
  • 前歯が出てきてしまい、口元の突出が起こるケースがあります。

自分にとって最善の治療方法を探る

矯正歯科治療は、決して見た目をよくするためだけの治療ではありません。
噛み合わせなど口の機能まで改善して、患者さまの未来をより健康的なものにする治療です。

抜歯をするにしてもしないにしても、自分に合った矯正治療の方法を選択しましょう。
そのためには、信頼できる歯科医師と納得できるまで相談することが重要です。

当院では、矯正歯科担当医による治療により、歯並びの審美性を高めるだけでなく、お口の機能改善や心身の健康にもつなげる矯正歯科治療をご提供しています。
「抜歯矯正」が良い、「非抜歯矯正」が良いということだけではなく、カウンセリングでじっくりと話をしながら「患者さまにとっての最善は何か?」を探っていきます。

歯列矯正に関心がある方、お口の中や歯に関するお悩みをお持ちの方は、ぜひ気軽に当院までお問い合わせください。

【関連リンク】

患者さまに最適なご提案をする当院の歯科矯正治療についてはこちら
当院へのお問い合わせはこちら

【医院情報】

RYO JIMBO DENTAL 名古屋駅前院
0120-960-013
〒450-0002
愛知県名古屋市中村区名駅4丁目26−9
NEW AG TOWERⅠ12階
※駅近!名古屋駅より徒歩5分
受付時間 10:00~13:00 / 15:00~21:00
祝日休診 土曜・日曜 10:00~13:00 / 15:00~18:30

【本記事の監修】

to top

LINE動線

LINE動線

お電話

ご予約・お問い合わせ

0120-960-013

月~金10:00~13:00/15:00~21:00
土・日10:00~13:00/15:00~19:00
祝日休診