MENU

医療法人RJD RYO JIMBO DENTAL 名古屋駅前院

インプラント治療後の腫れの原因、対処法まで歯科医師が詳しく解説|【RYO JIMBO DENTAL 名古屋駅前院】

インプラントのメリット|デメリットや手術のリスクまでまとめて解説

インプラントのメリット・デメリット

こんにちは。
名古屋駅(名駅)から徒歩5分の歯医者【RYO JIMBO DENTAL 名古屋駅前院】です。

インプラント治療は、歯を失ってしまった際に機能回復を図る治療法の一つです。
見栄えをよくするために抜歯をしてインプラントにする方もいらっしゃいますが、インプラントにしようか迷っている方もいるでしょう。

そこで、本コラムではインプラントのメリット・デメリットをはじめ、手術のリスクについてもまとめてご紹介します。
インプラントを検討中の方は、ぜひ参考にしてみてください。

インプラント治療とブリッジ治療・入れ歯の違い

歯を失った際の治療法には、インプラント治療の他にブリッジ治療・入れ歯などがあります。

ブリッジ治療や入れ歯は、他の歯を削ったり、周囲の歯を支えにしたりする必要があります。
一方インプラント治療は、顎の骨に人工の歯根を埋め込む方法で人工的に歯を再生します。
ブリッジ治療や入れ歯とは異なり、インプラント治療のほうが残っている歯に負担がかかりにくいという特長があります。

インプラント治療は費用が高額であるというイメージをお持ちの方も多くいらっしゃいますが、インプラント治療ならではの魅力やメリットが数多くあります。
特に治療を行うために周囲の健康な歯を削りたくない方には、インプラント治療をおすすめします。

インプラント治療のメリットとは?

インプラント治療には、ブリッジ治療・入れ歯とは違ったメリットがあります。
主な3つのメリットをご紹介しますので、インプラント治療をするかどうか迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

見た目がきれいになる

インプラントでは、白く美しい歯が手に入るというメリットがあります。
また入れ歯のように、金具が見えてしまうといったことがなく、見た目から自身の歯ではないとわかりにくいです。

ただし、インプラント手術をしてからも歯磨きなどで口腔内を健康に保たなければ、インプラントが変色する原因になります。
長期間美しい見た目を保つためにも、定期的なメンテナンスを行いましょう。

自分の歯への負担が軽減できる

インプラント治療は、ブリッジ治療や入れ歯とは異なり、残った歯を削らずに行える治療法です。
そのため、できるだけ自分の歯を残しておきたい方は、インプラントを検討するのがよいでしょう。

インプラント手術は外科的治療に該当するので、少なからず手術中の身体への負担は発生します。
しかし、見た目の美しさや残りの歯への負担などの長期的なメリットを考えると、インプラントはおすすめの治療であると言えます。

虫歯にならない

そもそも虫歯とは、酸が歯の象牙質を溶かしていき、神経まで到達するという症状です。

インプラントの場合、人工歯根を使っているので酸が歯を溶かすことはありません。
そのため、インプラント治療を行なった歯は虫歯になりません。
虫歯をきっかけに歯を失った方は、これを機にインプラント治療を検討してみるのもよいでしょう。

ただし虫歯にならないものの、インプラント周囲炎になる可能性があります。
インプラントには歯根膜がないので、インプラント周辺にある歯肉は細菌への抵抗力が落ちます。
そのため、通常の歯周炎よりも早いスピードで進行しますが、メンテナンスをしっかり行えば予防できます。

インプラント治療のデメリットとは?

インプラント治療はメリットだけではなくデメリットもありますので、しっかりと理解した上で治療を行いましょう。

インプラント治療のデメリットは、主に以下の5つです。

  • メンテナンスが必要である
  • 手術後に痛み、腫れが生じる
  • 食べ物が詰まりやすい
  • 治療期間が比較的長い
  • 費用が高い

メンテナンスを怠るとインプラント周囲炎になるだけではなく、麻酔が消えると痛みや腫れが生じる恐れがあります。
手術後はインプラントと骨が結合するまで2か月程度の治療期間が必要ですが、あまりにも痛い場合は痛み止めなどで軽減可能です。

また、インプラント治療は一部を除いて公的医療保険が適用されないので、他の治療法と比べると費用が高い傾向にあります。

インプラント手術のリスク

インプラント治療を受ける際には、手術後のデメリットやリスクだけではなく、手術中に起こり得るリスクも確認しておくとよいでしょう。

インプラント手術中に起こり得るリスクは、主に以下の3つです。

  • 神経や血管を傷つける
  • 上顎洞を傷つける
  • 熱で骨の細胞が死んでしまう

手術する際は、ドリルで骨に穴を開ける必要があり、そのときに神経や血管を傷つける恐れがあります。
神経や血管を傷つけると、神経麻痺や出血多量となります。
ただし歯科用CT撮影やドリルのガイド機能を活用すれば、神経や血管を傷つけるリスクは大幅に下がるため、ご安心ください。

また、上顎にインプラント治療を行う際、上顎洞までの距離が短い場合、上顎洞に穴を開けてしまい、炎症を起こす恐れがあります。
ただし歯科用CT撮影を徹底すれば、上顎洞が傷つく心配はないでしょう。

骨に穴を開ける際にはドリルが用いられるので、熱を持ったドリルによって骨の細胞が死んでしまう恐れがあります。
ドリルが熱を持つのを避けるために、注水を怠らないことが大切です。

インプラント治療を検討している方は、これらの手術中に起こるかもしれないリスクについても理解しておきましょう。
リスクについて聞くと、手術が怖くなってしまうかもしれません。
だからこそ、インプラント治療は、実績が豊富で、設備や機器が整っており、技術ある歯科医師が在籍する歯科医院で受けることが大切です。
インプラント治療に特化した歯科医院では、手術中のトラブルも少なく、安心して治療に臨むことができます。

まとめ:インプラント治療を検討している方は歯科医院へご相談ください

インプラント治療には、他の治療方法にはないメリットが数多くあります。
本コラムのポイントをあらためて以下にまとめます。

  • インプラントは審美性に長け、天然歯に近いため入れ歯などとは異なり、周囲に気づかれにくい
  • インプラント治療は、自身の歯を削る必要がなく、周囲の歯に負担をかけることなく行える
  • インプラントは人工歯根・人工歯冠を用いているため、虫歯にならない

ただし、手術中には少なからずリスクが伴い、治療費が高いといった側面もあります。
インプラント治療にはさまざまな悩みや不安がつきものです。
だからこそ、不安が解消され納得して治療に臨める歯科医院へ相談することが大切です。

RYO JIMBO DENTAL 名古屋駅前院では、無料カウンセリングから治療、アフターケアまで丁寧に対応しています。
インプラントを入れて終わりではなく、歯の美しさと健康を守るためのインプラント治療を日々提供していますので、歯のことで何かお困りごとがある場合は、ぜひ当院までご相談ください。

【関連リンク】

名古屋で選ばれる当院のインプラント治療
当院のご利用を検討中で初めての方へ
名古屋駅(名駅)から徒歩5分!当院へのアクセス・診療時間
当院へのお問い合わせはこちら

【医院情報】

RYO JIMBO DENTAL 名古屋駅前院
0120-960-013
〒450-0002
愛知県名古屋市中村区名駅4丁目26−9
NEW AG TOWERⅠ12階
※駅近!名古屋駅より徒歩5分
受付時間 10:00~20:00
休診日 祝日
※土曜・日曜 10:00~18:00 での診療となります
※矯正日によって変更あり
【医療法人RJDグループ医院】
瑞穂区・南区の新瑞橋駅すぐの歯医者【RYO JIMBO DENTAL 新瑞橋歯科・矯正歯科】
三重県四日市の歯医者【四日市くぼた歯科・矯正歯科】
※四日市院でもお役立ち歯科コラム配信中!

【本記事の監修】

to top

LINE動線

LINE動線

お電話

ご予約・お問い合わせ

0120-960-013

月~金10:00~13:00/15:00~21:00
土・日10:00~13:00/15:00~19:00
祝日休診