MENU

医療法人9020 RYO JIMBO DENTAL

金属アレルギーでもインプラント治療は可能かを歯科医院が解説|【RYO JIMBO DENTAL 名古屋駅前院】

金属アレルギーでもインプラント治療は可能かを歯科医院が解説

金属アレルギーでもインプラント治療は可能かを歯科医院が解説

こんにちは。
名古屋駅(名駅)から徒歩5分の歯医者「RYO JIMBO DENTAL 名古屋駅前院」です。

インプラント治療は、歯の機能回復や見た目の改善など、メリットが多い治療法です。
しかし、インプラント治療を検討している方にとって気になるのが、金属アレルギーについてではないでしょうか?

そこで今回は、金属アレルギーだけどインプラント治療を受けたいという方や、インプラント治療によって金属アレルギーが発症してしまうのではないかと不安な方向けに、インプラント治療と金属アレルギーの関係性について詳しく解説していきます。

金属アレルギーでもインプラント治療は可能?

結論からお伝えしますと、金属アレルギーの方でもインプラント治療を受けることは可能です。

金属アレルギーでもインプラント治療が可能である理由として、

  • インプラントがチタン製であるため
  • インプラント上部構造が選択できるため

ということが挙げられます。

それぞれ詳しく解説いたします。

インプラントがチタン製であるため

インプラント治療は、顎の骨にチタン製のボルトを埋め込む治療法です。

チタンは、金属のなかでもアレルギー反応が出にくい素材なので、金属アレルギーの発症リスクが低くなっています。
また、チタンは人体になじみやすく、時間をかけて骨と結合していくことから、実際に人工関節やペースメーカーにも使われている素材です。

チタンとは異なり、アレルギー反応を起こしやすい金属として、クロムやニッケル、パラジウムなどがあります。
これらの金属は、唾液に含まれるタンパク質と結合することによって、金属イオンを発生させます。
身体の免疫システムがこの金属イオンを異物と判断して、アレルギー反応が出てしまうのです。

しかし、チタンは空気に触れることで表面に膜ができ、タンパク質と結合することがないので、金属イオンを発生させません。
これがインプラント治療にチタンが活用されるおもな理由となっています。

インプラント上部構造が選択できるため

インプラント治療では、上部構造にあたる歯の部分も、非金属の素材を選ぶことができます。

代表的なものとしてジルコニアやオールセラミック、ハイブリッドセラミックなどがあります。
費用や耐久性、変色のしやすさなど、素材によって違いがあるので事前に歯科医院で相談して上部構造を決めることが大切です。

セラミックの種類と特徴については、以下のコラムで詳しく解説しています。
インプラントとセラミックの違いを分かりやすく解説

インプラントで金属アレルギーを発症することはある?

インプラント治療に用いられる素材は金属アレルギーに配慮した材質ではありますが、ごくまれにチタンによってアレルギー反応を起こすケースもあります。
金属アレルギーを発症した際に、どんな症状がでるのか詳しくご説明します。

扁平苔癬(へんぺいたいせん)

扁平苔癬には、口の中に白いレース状の腫れができる白色型と、炎症を起こして赤く腫れる紅色型があります。
触れると痛みがあり、かゆみを伴うこともあります。

扁平苔癬を発症する原因は不明と言われていますが、金属アレルギーやストレスなどがきっかけで発症することがあります。
また、繰り返し再発することがあるので、完治するまでに時間のかかる病変です。

掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)

掌蹠膿疱症とは、手のひらや足の裏に膿をもった水ぶくれができる症状です。

細菌やウイルスが原因ではないので、人に感染することはありませんが、抗生剤での治療ができないため、対症療法として飲み薬や塗り薬が使われます。
掌蹠膿疱症は、一度発症すると症状を繰り返しやすい病気です。

手足の丘疹・赤み・かゆみ

アレルギー反応としてよくあらわれるのが、手足に赤みやかゆみがでる症状です。
時間が経つと落ち着く場合もありますが、症状がひどい場合には副腎皮質ステロイド剤や抗ヒスタミン薬で対処します。

インプラント治療で金属アレルギーを発症した場合の対処法

インプラント治療をきっかけに金属アレルギーを発症した場合には、次のように対処していきます。

  • パッチテストを行なって、アレルギーの原因を確認する
  • インプラント治療が原因であれば、インプラントを除去する

また、アレルギーの症状が軽い場合や、歯科医院でしっかりとメンテナンスがされている場合には経過観察をするケースもあります。

インプラント治療で金属アレルギーを発症した場合の対処法

インプラント治療による金属アレルギーに悩まないために、治療前にできる予防法として次のようなものがあります。

  • 事前にパッチテストを受けてアレルギーがないか確認しておく
  • 金属アレルギーのテスト結果をもとに、歯科医院で治療法を相談する

治療前にしっかりと相談することで、金属アレルギーの方でもインプラント治療を受けることができます。

まとめ:インプラントを検討中で金属アレルギーが不安な方は当院へご相談ください

ここまでの内容を簡単にまとめると、次のようになります。

  • インプラント治療は、金属アレルギーの方でも受けることができる
  • インプラント治療によってアレルギーを発症することもある
  • 発症した場合、インプラントの除去やメンテナンスで対処することができる
  • 事前にパッチテストや治療法を相談することで、安心してインプラント治療を受けることができる

当院では、患者さまの歯とお口、そして身体の健康を守るために、予防歯科を軸としたインプラント治療に力を入れております。
インプラント治療をする際には、事前カウンセリングで患者さまのお悩みやご希望をしっかりとおうかがいいたしますのでご安心ください。
カウンセリングをした上で、患者さま一人ひとりに合ったインプラントや治療法をご提案いたします。
インプラント治療について、何か気になることがありましたら、どうぞお気軽にご相談ください。

【関連リンク】

名古屋のインプラントで選ばれる当院のインプラント治療
当院へのお問い合わせはこちら

【医院情報】

RYO JIMBO DENTAL 名古屋駅前院
0120-960-013
〒450-0002
愛知県名古屋市中村区名駅4丁目26−9
NEW AG TOWERⅠ12階
※駅近!名古屋駅より徒歩5分
受付時間 10:00~13:00 / 15:00~21:00
祝日休診 土曜・日曜 10:00~13:00 / 15:00~18:30

【本記事の監修】

to top

LINE動線

LINE動線

お電話

ご予約・お問い合わせ

0120-960-013

月~金10:00~13:00/15:00~21:00
土・日10:00~13:00/15:00~19:00
祝日休診